“ラッパー”小西真奈美「社会に不満タラタラ」の歌詞が秀逸すぎる!?

“ラッパー”小西真奈美「社会に不満タラタラ」の歌詞が秀逸すぎる!?


清純派女優として人気を博し、近年は音楽活動にも力を入れている小西真奈美が、10月31日放送の日本テレビ系『スッキリ』に出演。生歌をテレビ初披露したのだが、評価は意見が分かれるところとなった。


小西が音楽活動をするようになったのは、ラッパー・KREVAの音楽劇『最高はひとつじゃない 2016 SAKURA』に出演してから。昨年リリースしたインディーズデビューアルバム『I miss you』はiTunesのHIPHOPチャートで1位を獲得し、10月24日には全曲本人が作詞・作曲したファーストメジャーアルバム『Here We Go』をリリースしている。


この日の小西が生披露したのは、アルバムのタイトル曲でもある『Here We Go』という楽曲。「女優さんとしてゲストに出させていただくときも生は緊張しますのに、もう今日は歌が…」と、とても緊張していたが、マイクを持つと迫真の表情でパフォーマンスをした。


 



■ “厨二病”全開の歌詞に騒然


小西が披露したのは、いかにもKREVAに影響を受けたようなラップ調の楽曲。清純なルックスとは裏腹に、「不自然なことがまかり通る世の中に少し憤り♪」「この時代 でもそこにdive♪」「本心 それはネットに送信?♪」といった感じでリリックを歌い上げていく。


しかし、40歳を迎えた清純派女優がラップを披露する光景は見慣れない感があった。その独特な歌詞も相まって、ネット上には、

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。