“エロ危うい”美女に振り回される“Mrビーン”爆笑スパイ映画『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲...

“エロ危うい”美女に振り回される“Mrビーン”爆笑スパイ映画『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲...



■ 映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』


配給/アンプラグド 11月9日よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショー
監督/デヴィッド・カー
出演/ローワン・アトキンソン、オルガ・キュリレンコほか


『Mr.ビーン』シリーズなどの人気コメディアン、ローワン・アトキンソンが主演する“大ボケ・スパイアクションコメディー”シリーズ第3弾。相変わらずの大ボケ・ミッションの連打が笑えるのだが、今回の最大の魅力はヒロイン。シリーズ初登場の“美女スパイ”オルガ・キュリレンコに大注目なのだ。


もともとこのシリーズの女優の質は、かの007の“ボンドガール”に勝るとも劣らない。“ジョニーガールズ”と言いたいほど。2作目『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』(11年)では『007/ダイ・アナザー・デイ』(02年)のこちらもわがご贔屓の英国パツキン美女ロザムンド・パイクを起用してくれて、ボクはブラボー! と叫んだものだ。そのボンドガールつながりで言えば、このキュリレンコも『007/慰めの報酬』(08年)では筆頭ボンドガールを務めたほど。『その女諜報員アレックス』(15年)でもタフな女スパイを演じ、変態悪役の責め苦にも耐えていた。スパイ映画はもはや、彼女の自分の庭!って感じである。


 



■ 超絶美女のおバカぶりがセクシー


サイバー攻撃により、英国情報機関のスパイ情報が漏洩する事件が起こる。そこで隠居していた大ボケスパイ、ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)がナゼか呼び出され、活動を開始する。彼は、疑惑の豪華ヨットに目を付けるが、船上の謎の美女オフィーリア(オルガ・キュリレンコ)に心奪われてしまい、事態を一層ややこしくしてしまう…。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。