「解散・休止・引退・結婚」…平成とともに“アイドル時代”も終焉へ

「解散・休止・引退・結婚」…平成とともに“アイドル時代”も終焉へ

(C)まいじつ 


国民的グループ『嵐』の活動休止や、運営の体質が批判されている『NGT48』の暴行事件など、何かと暗い話題が続くアイドル界。こうした影響もあってか、“コンテンツとしてのアイドル”が終わりを迎えるのではとみられている。


女性アイドルを巡っては、昨年、『PASSPO☆』『チャオ ベッラ チンクエッティ』『ベイビーレイズJAPAN』『バニラビーンズ』など、メジャーデビューも果たしていた中堅グループが続々と解散。また、『ももいろクローバーZ』からは有安杏果が電撃的に脱退し、『HKT48』指原莉乃も卒業を表明するなど、“時代の終わり”を感じさせる出来事が続いていた。


「2010年以降、当時大ブレーク中だった『AKB48』の“二匹目のドジョウ”を狙い、多数のアイドルグループが乱立。『アイドル戦国時代』という言葉が生まれ、各アイドルは文字通り天下を競いました。しかし、昨年には“戦国時代初期”を支えた『PASSPO☆』や『チャオベラ』などが次々と解散。同じく初期を支えた『SUPER☆GiRLS』もついに1期生がいなくなり、『アイドルブームは終息した』と言われました」(アイドル評論家)


特に象徴的だったのは、戦国時代の幕開けを高らかに宣言した『ももクロ』元メンバー・早見あかりと、当時の天下にいた『AKB48』でトップだった前田敦子の結婚だという。


「戦国時代を代表したアイドルが、アイドルとしての終焉を意味する“結婚”をしたことは、時代が転換期にあることを印象付けました」(同・評論家)


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「解散・休止・引退・結婚」…平成とともに“アイドル時代”も終焉へ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    嵐の休止は暗い話題じゃないけど。むしろ受け入れて今までで以上に応援していこうってファン多いけど?

    0
  • ニャニャー 通報

    嵐のグループ活動休止は、当分個人でやりたいことが出来ると思っているのでファン同士が争ってはダメ!どのアイドルグループも、ファン同士の争いは望んでいないはずだよ?

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月31日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。