クロロホルム強姦魔の狂気を描いた『水のないプール』…“俳優”内田裕也を偲ぶ

クロロホルム強姦魔の狂気を描いた『水のないプール』…“俳優”内田裕也を偲ぶ


作品目『水のないプール』
若松プロ 1982年 DVD発売中
監督/若松孝二
出演/内田裕也、中村れい子、MIE、原田芳雄、タモリほか


肺炎のため、3月17日に79歳で死去したロック歌手、内田裕也氏。妻の樹木希林さん(享年75)を昨年失って、まるで後を追うように、と形容されがちだが、その通りの旅立ち方だった。パートナーに先に逝かれると男は急に弱る、ってことをあらためて思い知らされた。そういえば昨年78歳で亡くなった津川雅彦氏も、妻の朝丘雪路さん(享年82)が逝って数カ月後に、それこそ“後を追うように”黄泉の国へ…であった。


そんな内田氏がバリバリにヤンチャだった40代半ば、実際に81年に仙台で起こった〝クロロホルム暴行事件〟に材を取った、この傑作の主役たる奇妙な犯人を演じていた。


女房持ちの中年地下鉄職員(内田)は単調で屈辱的な日常に飽き飽きしていた。そんな彼が、密やかな犯罪行為に手を染めるようになる。それは、以前から目を付けていた若い美人のウエートレス(中村れい子)の独り暮らしの部屋に侵入し、大量のクロロホルムをまき、彼女が眠っている間に〝優しく〟犯すというものだった…。


 



■ “和合”を夢想する破滅的中年男


もちろん、こんな昏睡強盗で女性を弄ぶなんて卑劣極まる行為であり、許されないことだが、映画というフィルターをかけるとこれが奇妙な味わいとなり、観る者に、犯人と同様の〝不思議な夢〟を見させる。注射器からまるでザーメンの放出のように静かに噴出するクロロホルム。冴えない中年男がごく自然に犯行へと至り、身勝手な〝想い〟を遂げるプロセスを丁寧に描くのは、こちらも残念ながらすでに鬼籍に入られた鬼才・若松孝二だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内田裕也 映画
  2. 内田裕也 樹木希林
  3. 内田裕也 矢沢永吉
内田裕也のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る 2019年3月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内田裕也 + 矢沢永吉」のおすすめ記事

「内田裕也 + 矢沢永吉」のおすすめ記事をもっと見る

「内田裕也 + 樹木希林」のおすすめ記事

「内田裕也 + 樹木希林」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「新井浩文」のニュース

次に読みたい関連記事「新井浩文」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら