殴打数十回、露出強要、ゆすり…鬼畜の所業【平成わいせつ教師事件簿】

殴打数十回、露出強要、ゆすり…鬼畜の所業【平成わいせつ教師事件簿】

(C)Peeradon payakpan / Shutterstock


1995年、奈良県奈良市の県立高校で、演劇部顧問だった当時32歳の男性教諭Iが〝演技指導〟と称して暴行や性的虐待を繰り返し、逮捕された。Iには2年7カ月の〝激甘〟な実刑判決が下されている。


このIは、少なくとも1992年から3年間にわたり、演劇部の指導の際、複数の部員に暴行やわいせつ行為を繰り返していた。被害にあった1人、2年生の女生徒Aさんは、練習時間に遅れたことを理由に頭を20回以上、腹部を2、3回殴られ、鼓膜損傷など全治9カ月のケガを負っている。その際、Iは「親には本当のことを言うな。お前の将来くらいどうにでもなる」と隠蔽工作まで行っていたというから、まさにヤクザ顔負けの悪質さだ。


「Iは他の生徒にも『指示通りにできなかった』『音響の捜査を間違えた』などと理由を付けては、一度に数十回も殴打を繰り返していました。また、〝演技指導〟と称して女性部員を部室に連れ込み、身体を触るなどのわいせつ行為も発覚しています。さらには生徒が卒業した後も、自ら主催する劇団に所属させ、わいせつな行為を繰り返していたのです」(地元紙記者)


Iは「劇団を辞めたい」と訴える少女に対して、「辞めるならお前の(父親が経営している)店をつぶす。オレは議員やヤクザを知っているから簡単だ」などと脅迫もしていたといい、また、演劇でミスをすると「家から金を持って来い」などとスゴみ、生徒が「できないと」と断ると「意気地なし。親から金を盗むのは罪にならない」などといった暴言まで吐いていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

まいじつの記事をもっと見る 2019年4月30日の社会記事
「殴打数十回、露出強要、ゆすり…鬼畜の所業【平成わいせつ教師事件簿】」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    ヤキ入れて、死刑あるのみ!

    34
  • 匿名さん 通報

    この犯罪者の名前は?教員は異常なまでに守られている。そんな保護は全く不要

    15
  • 匿名さん 通報

    こんなのは氷山の一角。ちゃんと調べれば多くの男性教師はアウトだと思う。特に小学校の男性教師。幼児が好きでなければ勤まらない。それに今、学校で児童ポルノで逮捕される男性教師も増えてる。ヘンタイだね。

    8
  • 匿名さん 通報

    06/06 02:03 あんたこそ、くだらないあげ足取りやめたら!?

    7
  • 匿名さん 通報

    『音響の捜査を間違えた』 ライターさん、仕事辞めたら?w

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。