『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出

『いきものがかり』のCMソングに「不愉快」「鬱陶しい」と不満噴出

画/彩賀ゆう (C)まいじつ


4月12日より、3人組音楽グループ『いきものがかり』が出演するヤクルトの『ミルミル』『ミルミルS』テレビCMが放送されている。しかし、評判は芳しくないらしい。


「2017年1月に『放牧宣言』という言葉でグループの活動休止を大々的に発表した『いきものがかり』ですが、大きく世間を騒がせた割には、わずか1年10カ月後の18年11月に『集牧宣言』というフレーズであっさりと復活。その直後に『NHK紅白歌合戦』に出場するなど、なぜかやたらと業界で優遇されていました。そんなことが影響してか、どうやら世間は嫌気が差してきたようですね」(芸能記者)


今回のCM内では、この仕事のために書き下ろしたという新曲『アイデンティティ』が使われている。CM冒頭、ボーカルの吉岡聖恵が1人で声を張り上げて歌うシーンから始まり、その後、各場所でがんばる人々の姿が映されていく。すると再び、吉岡の歌っているシーンに戻り、そのままCMは終わりを迎える。構成としては、『いきものがかり』ががんばっている人々を歌で応援するといった内容だ。


 



■ とにかくやかましい


『いきものがかり』の十八番である応援ソングだったが、ネット上では、


《CMでいきものがかり使うのやめてほしい ボーカルの声うるさいから嫌い》
《いきものがかりのCM流れるたびに不愉快なんだけど、あれどうにかならない?》
《いきものがかり好きだけどヤクルトのCMの唐突な大音量は正直うるさい》
《いきものがかりのCM、うっとうしいから早く終わらないかな》
《流れるたびにうるさくてイラッとする。個人的にヤクルトはイメージダウン》
《いきものがかり好きやけどあのCMはどうしても嫌な気分になるんや》


など、ファンからも批判的な声が上がる事態になっている。


「活動休止前は、シングルCDがオリコンランキングトップ10入りを逃すことも増えていました。一度休止からの復活をして世間の注目を集めましたが、正直、旬が過ぎたという感じは否めませんね。〝優等生バンド〟なので、CMとの相性はいいかもしれませんが、アンチは確実に増えてきています」(音楽ライター)


3月下旬から行っているファンクラブ限定ライブツアーは、5月15日に終わりを迎える。果たして次は、どんな手を打ってくるのだろうか。


 

あわせて読みたい

気になるキーワード

まいじつの記事をもっと見る 2019年5月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「CM」のニュース

次に読みたい関連記事「CM」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。