フジテレビ久慈暁子アナ“職権乱用交際”で完全な二軍扱いへ

フジテレビ久慈暁子アナ“職権乱用交際”で完全な二軍扱いへ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ


フジテレビの「次期エース候補」と目されていた“クジパン”こと久慈暁子アナが、完全に出世コースから脱落したようだ。5月10日発売の写真誌が東京ヤクルトの原樹理投手との〝半同棲〟現場をキャッチ。局はこの事態を重視し、見切りをつけたという。


久慈アナは青山学院大学時代、ファッション誌の専属モデルとして活躍。2017年に大学卒業後、「ポスト加藤綾子」と騒がれる鳴り物入りの入社を果たした。


「母親が地方局のアナウンサーだったこともあり、毛並みの良さも評価されていました。カトパンがフジを退社したのが16年。そんなタイミングもあって、誰もが近い将来、久慈が局のエースになると思っていたのです」(女子アナライター)


入社初年度に局のエリート番組『めざましテレビ』に出演。期待の高さをうかがわせた。


「『めざましテレビ』では普通、新人は外回りのリポーターなどをやらせるのですが、彼女は最初からスタジオでした。しかも、いきなり冠番組『クジパン』を持つ厚遇。特別扱いは明らかでした」(同・ライター)


 



■ 鈴木アナに立場を奪われ戦力外通告?


その後、彼女は花形のスポーツ担当にも昇格。ますます彼女への注目度が上がった。


「大学時代に大谷翔平と対談したことがあり、『大谷に最も近い女子アナ』と呼ばれました。局としては、女子アナの取材を嫌がる大谷の〝秘密兵器〟にしたかったのでしょうが、これが失敗の元でした」(フジテレビ関係者)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久慈暁子 Instagram
久慈暁子のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る 2019年5月16日の芸能総合記事
「フジテレビ久慈暁子アナ“職権乱用交際”で完全な二軍扱いへ」の みんなの反応 2
  • はまきち 通報

    尻軽と言われても仕方ないですよね。スポーツ担当になったと思ったたら早速反同棲生活じゃ性生活重視したと誰でもそう思うのが当たり前。気に入った人とのMCだけテンションが高くなる傾向も全く変わっていない。

    4
  • 匿名さん 通報

    そもそも取材力、アナウンス力など度外視、見てくれや経歴(ミス○○、モデル経験など)ばかりに目を奪われて局アナ採用を決めている既得権の塊、在京キー局の質の低下の現れ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久慈暁子 + Instagram」のおすすめ記事

「久慈暁子 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宇垣美里」のニュース

次に読みたい関連記事「宇垣美里」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴江奈々」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴江奈々」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。