異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

(C)Romix Image / Shutterstock


〝タピオカブーム〟がハンパない。若年層を中心に大人気のタピオカドリンク。東京・原宿周辺には30以上の店舗が密集し、どの店も行列ができるほどにぎわっている。ネット上ではタピオカを飲む活動のことを〝タピ活〟と呼び、ハッシュタグを付けてインスタグラムに投稿するまでが定番だ。


「ツイッターの口コミ数をみると、タピオカに関する投稿が2018年から急増しています。ブームの火付け役と見られているのが、生タピオカを提供する台湾スイーツカフェ『台湾甜商店』(タイワンテンショウテン)です。昨年8月に東京・新宿店がオープンすると、流行に敏感な若者がこぞって来店し、口コミで評判になりました。インスタ映えするのもウケているのでしょう」(エンタメ誌記者)


一方、ブームの裏側ではさまざまな問題も取り沙汰されている。中国では14歳の女性が長時間にわたりタピオカを摂取し、腹痛と便秘で病院に運ばれたことがニュースになった。タピオカの噛みごたえを良くするために添加物を加える業者もあるようで、大量摂取すると消化器官機能が損なわれる危険性もあるという。


ネット上では、


《日本でもいつ病院送りになる人が現れるか分からない。飲み過ぎ注意!》
《やばっ! うちら学校帰りに毎日飲んでるわ》
《添加物入ってるのか、知らなかった》


など、心配する声が広がっている。


 



■ 言っちゃなんだが炭水化物のかたまり


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2019年6月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。