地上波テレビから『オカルト番組』が消えた“ごもっとも”な理由

地上波テレビから『オカルト番組』が消えた“ごもっとも”な理由

(C)kittirat roekburi / Shutterstock


かつて日本中で大ブームになったオカルト番組だが、今ではすっかりその姿を消してしまった。80~90年代には霊能者の宜保愛子さんが一世を風靡。各局でオカルト番組の特番が組まれ、引っ張りだこだったことを思い出す人も多いだろう。


雑誌では心霊写真コーナーが人気となり、著名な霊能者がその真贋を見極める企画も好評だった。スマホの普及により、誰でも簡単に合成写真が作れるようになるや、誰も見向きもしなくなってしまったが、オカルト番組も同じような理由により下火になったのだろうか。


「正直、今でもオカルト系のネタは人気があるんです。しかし、地上波で放送すると『嘘くさい』『ヤラセじゃないか』など、視聴者からの抗議が凄まじい。また、最近は霊感商法やマルチ商法など、人の弱みにつけ込む犯罪が増えていることから、それらを想起させる話はスポンサー受けも良くないですね。かつて美輪明宏と一緒に『オーラの泉』(テレビ朝日系)に出演していたスピリチュアルカウンセラーの江原啓之も、今ではすっかり主婦向けのバラエティー路線を全面に打ち出していますからね。これも時代の流れでしょう」(制作会社関係者)




そこにロマンはないのか


オカルト番組がなくなった理由として、どこまで真面目に検証しそれを視聴者に伝えるか、制作側の苦悩もあったという。


「オカルトや超常現象を扱う番組は、もともと、嘘か本当かということよりも、視聴者がロマンを楽しむ前提で制作されていました。しかし、今の時代はもはやそれも通用しません。もし、信じてしまった人がいた場合、誰がどう責任を取るかという問題になってしまうのです。最近の番組に『必ずしも』とか『~といったケースがあります』のように、事前に〝言い訳〟のような注釈が入るのもそのためです。もはやオカルトの謎を楽しむ時代ではなくなってしまったのです」(同・関係者)


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2019年8月17日の芸能総合記事
「地上波テレビから『オカルト番組』が消えた“ごもっとも”な理由」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    今の時代にはご法度だもんね・・・視聴者からはやらせ番組とクレームが出たり、やっぱり規制があるので制作側も辛いもんね。ネットだったら規制なしなので、やりたいことが出来るしね♡

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら