米津玄師『パプリカ』は“原爆”に関する歌だった? 裏テーマに驚愕…




反戦と平和を願う思い


そして曲が2番に入り、縁側で涼む家族の元に風の子がやってくるシーンでは、僕や赤ちゃんなど、子どもは風の子に気が付いて目で追っているものの、大人の親はまるで気が付いていない。


「大人になった僕が抱えている花のなかに、マリーゴールドがありますが、マリーゴールドの花言葉は〝悲しみ〟、そして〝変わらぬ愛〟。その花を風の子に渡すシーンでは、僕は大人に成長しているにも関わらず、風の子は〝子どもの姿のまま〟…。亡くなった子だから歳を重ねていないのでしょう。これらすべて、風の子を〝原爆で亡くなった子〟として見ると辻褄が合うのです」(同・ライター)


このような数々の考察に対し、ネットでは


《すごい 考察しどころが沢山ありすぎる》
《米津さんはきっと平和を願う思いでこの曲をつくったのでしょう》
《パプリカって原爆で死んだ子供の曲なの(衝撃)》
《平和についても考えさせられるオリンピックに最適な一曲》
《子供ver.のじゃぜんぜん気付かなかったな…》


などと大きな反響が巻き起こっている。


真意のほどは米津本人にしかわからないが、私たちは一つでも多くなにかを感じ取って思考を巡らせるべき〝名曲〟であることには間違いなさそうだ。

この記事の画像

「米津玄師『パプリカ』は“原爆”に関する歌だった? 裏テーマに驚愕…」の画像1 「米津玄師『パプリカ』は“原爆”に関する歌だった? 裏テーマに驚愕…」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「米津玄師『パプリカ』は“原爆”に関する歌だった? 裏テーマに驚愕…」の みんなの反応 13
  • 匿名さん 通報

    な~んか深読みしすぎ。

    36
  • 匿名さん 通報

    いやいや、元々この曲亡くなったおじいちゃんについて書いた曲やから。ちまたでは恋愛で別れた曲みたいに言われてるけど。何でもかんでもケチつけるな。

    15
  • 匿名さん 通報

    こうゆう背景があったとは...。やはり、彼の才能は底なしだ。

    15
この記事にコメントする

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク