松嶋菜々子“幻の濡れ場”は果たして…マジでおっかない近未来映画『AI崩壊』

松嶋菜々子“幻の濡れ場”は果たして…マジでおっかない近未来映画『AI崩壊』



映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『AI崩壊』


配給/ワーナー 丸の内ピカデリーほかにて公開
監督/入江悠
出演/大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、三浦友和、松嶋菜々子ほか


昨年末は〝AI美空ひばり〟がヒンシュクを買ったが、あったり前だろう。何でもかんでもAIって風潮はいかがなものかと、今でもガラケーが精一杯の〝昭和アナログ男〟の1人として大いに憤っている。そんな気分の後、大いに溜飲を下げてくれる近未来大作がコレ。自主映画からたたき上げ、近年は『22年目の告白 私が殺人犯です』(17年)などメジャー作品も多く手掛けるようになった入江悠監督念願のSFサスペンス大作だ。


2030年――。天才科学者・桐生(大沢たかお)と同業の亡き妻が数年前に共同開発した医療AI〝のぞみ〟が、全国民の個人情報と健康を徹底管理する世界となっていた。だが、移住先の海外から帰国した大沢は、この〝のぞみ〟が暴走し始め、人間を選別し、殺戮を始めるという最悪事態を目撃する。さらに、警察はその暴走の張本人を桐生と断定、彼は身に覚えのない容疑で追われ、AIを管理していた義弟・西村(賀来賢人)と強力しながら、事態の収拾へと必死の行動を開始するのだが…。




SF不変のテーマ“AI”との対決


一部の週刊誌で、大沢と亡き妻役の松嶋菜々子との〝夫婦の営み〟シーンがあるとウワサされ、ボクも若干の期待で見たのだが、本篇にそんなものは全然ありませんでした。ザンネ~ン。撮ったのに切ったのか、もともと撮られていないのに尾ヒレが付いたのか、定かではないが、あっても良かったよなあ。だって男女の営みは、アナログ行為の最たるものの1つとして、AIと対照的な存在として見せつけてやってほしかった…。


あわせて読みたい

松嶋菜々子のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「松嶋菜々子 + 黒歴史」のおすすめ記事

「松嶋菜々子 + 黒歴史」のおすすめ記事をもっと見る

「松嶋菜々子 + ドラマ」のおすすめ記事

「松嶋菜々子 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「真木よう子」のニュース

次に読みたい関連記事「真木よう子」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 松嶋菜々子 ドラマ
  2. 松嶋菜々子 黒歴史

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。