黒木瞳“完脱ぎ”映画『化身』~宝塚トップ女優の微乳フルオープンに震撼!

黒木瞳“完脱ぎ”映画『化身』~宝塚トップ女優の微乳フルオープンに震撼!
拡大する(全2枚)

黒木瞳“完脱ぎ”映画『化身』~宝塚トップ女優の微乳フルオープ...の画像はこちら >>



作品目『化身』


東映 1986年 DVD発売中
監督/東陽一
出演/黒木瞳藤竜也、阿木耀子、淡島千景三田佳子梅宮辰夫ほか


公開中の波瑠成田凌主演のラブ・ストーリー『弥生、三月-君を愛した30年-』で、成田の母親役、東日本大震災に遭っても頑張ろうとする小さな食堂の〝肝っ玉母さん〟を演じている黒木瞳。今年還暦のせいか、近年はすっかり落ちついた役柄が多くなってしまったが、かつては大いにセクシーさを発散していた。『失楽園』(97年)と並び称されるエロス代表作といえば、この作品だろう。とにかく、黒木が信じられないくらい脱いでくださるのだから!


銀座のホステス・霧子(黒木瞳)は、大学教授で文芸評論家の秋葉(藤竜也)と付き合うようになる。やがてホステスを辞め、高級マンションを与えられ、ますます〝秋葉の女〟となり、性的にも開発されてゆく。それと同時に霧子はブティックを開き、自立への道を探るのだが…。




黒木は「脱ぎ過ぎ」と評された


この当時、黒木は26歳。それまで宝塚のトップ女優の座に君臨していたとはいえ、映画の本格出演はこれが初めてで、映画界ではまだ駆け出し扱い。原作が渡辺淳一、監督が『ラブレター』(81年)、『マノン』(81年)などの東陽一。ともに官能描写には定評のある巨匠だけに、黒木としてもまな板の上の鯉の気持ちで〝脱ぎ〟の覚悟を決めたのだろう。公開時、女性の評論家に「脱ぎ過ぎ」と評されたのもうなずける。


この記事の画像

「黒木瞳“完脱ぎ”映画『化身』~宝塚トップ女優の微乳フルオープンに震撼!」の画像1 「黒木瞳“完脱ぎ”映画『化身』~宝塚トップ女優の微乳フルオープンに震撼!」の画像2

当時の記事を読む

黒木瞳のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「黒木瞳」に関する記事

「黒木瞳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「黒木瞳」の記事

次に読みたい「黒木瞳」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク