ソフトバンクの“ドラえもんCM”大炎上!「原作への侮辱」「かなり不快」

ソフトバンクの“ドラえもんCM”大炎上!「原作への侮辱」「かなり不快」
拡大する(全2枚)

(C)Vladimir Gjorgiev / Shutterstock 


国民的漫画『ドラえもん』を実写化した、大手通信会社『ソフトバンク』の新CM。ユーモアにあふれた遊び心のあるコラボCMだが、どうやら視聴者からの評判はあまりよろしくないようだ。


CM内でドラえもんを演じるのは、言わずと知れた有名ハリウッド俳優のブルース・ウィリス。15歳ののび太を鈴木福、タイムマシンで現れた45歳ののび太を堺雅人が演じ、小手伸也と『阿佐ヶ谷姉妹』渡辺江里子がのび太の両親に扮するなど、異色の共演が実現している。


CM内でPRしているのは、次世代の高速通信規格である5G。近未来的技術の5Gを「ドラえもん」に重ねており、お父さん犬でおなじみ「白戸家」の上戸彩が「『ドラえもん』が来るようなものね」と5Gを例える。すると、ブルース・ウィリス扮するドラえもんが白戸家の屋根を破って落下し、「僕ドラえもん」と自己紹介して再び空へ。白戸家が後を追うと、隣に引っ越してきたのび太一家に遭遇する。



原作版『ドラえもん』へのリスペクト不足?


CMにはいくつかのシリーズが存在し、「タケコプター・大人ののび太」篇には、15歳のジャイアン・スネ夫・しずかも登場。360度好きなアングルから映像を見ることができる5G技術を、スネ夫が「タケコプターで自分が好きなところから見るのと一緒」と例える。ドラえもんは「タケコプターあるよ」と差し出すのだが、スネ夫とのび太が「5Gでいいんだって」「ドラえもんの道具いらなくね?」と小馬鹿にするシーンも挟まれている。


この記事の画像

「ソフトバンクの“ドラえもんCM”大炎上!「原作への侮辱」「かなり不快」」の画像1 「ソフトバンクの“ドラえもんCM”大炎上!「原作への侮辱」「かなり不快」」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク