BiSH『紅白』落選!“清掃員”からは「紅白が全てじゃねぇ」とパンクな声も

BiSH『紅白』落選!“清掃員”からは「紅白が全てじゃねぇ」とパンクな声も
       

(C)Kiselev Andrey Valerevich / Shutterstock 


11月16日、『第71回NHK紅白歌合戦』へ出場する42組のアーティストが発表された。しかし、そこには〝楽器を持たないパンクバンド〟の謳い文句でお馴染みのアイドルグループBiSH』の名前がなく、ファンである〝清掃員〟たちから落胆の声があがっている。


「『BiSH』は、今年の1月に行われたホールツアーにて、『今年の年末は絶対ここに戻ってきて〝紅白〟に出ます!』と宣言していました。その後、彼女らはNHKで放送されたTVアニメ『キングダム』の主題歌なども担当し、精力的にNHKへ貢献。確かに今年はアーティストというよりは広義の〝芸能人ジャンル〟としての活躍が目立っていたものの、出場の権利は充分あったように思えますね」(芸能ライター)


今回の結果に、ファンたちからは、


《BiSHがいないんですけど(怒)》
《紅白落選かー。今年は固いと思ってたのに本人らも辛いやろなぁ。清掃員としても残念、来年に期待!》
《BiSH、紅白出演しないのか。キングダムの主題歌だったのに…》
《今年こそはと思ったのに…(涙)》


などの反響が寄せられている。



“パンク”な清掃員たちは一味違う!?


一方で「BiSH」の根本にある〝パンクバンド〟の意思を受け継ぐ清掃員からは、


《BiSHが紅白出なくて『おい!』ってなったけど、別に紅白が全てじゃねぇや!》
《死ぬほど悔しいし、抗議したい。けどだからといってNHKを批判したり攻撃したりするのは違うと思う》
《バンドとしてミスチルとかサザンが紅白出るのは全然良いと思うけど、BiSHみたいな瞬間的な人気と知名度だけで紅白出るとかになれば、それはもう〝ロック〟ではないんだよね》


当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「BiSH」に関する記事

「BiSH」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「BiSH」の記事

次に読みたい「BiSH」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。