アイドルが「差別用語」をポロリ…生配信ブームの裏で炎上・失言騒動が続出中!

アイドルが「差別用語」をポロリ…生配信ブームの裏で炎上・失言騒動が続出中!
拡大する(全2枚)


(C)PIXTA


コロナ禍で自宅にいる時間が増え、最近では多くの人が動画配信を楽しむように。しかし生配信の場合には発言を撤回できないため、思わぬ炎上を招いてしまうケースもあるようだ。そこで本稿では、ネット上を騒がせてきた「失言騒動」の数々をご紹介していこう。


1月23日には、“なにわの最終兵器”と呼ばれるアイドルグループ『たこやきレインボー』の失言騒動が話題を呼んだ。メンバーのひとり、春名真依が公式YouTubeチャンネルでの生配信中に差別用語を発してしまったのだ。


その内容は、「魑魅魍魎」(ちみもうりょう)という漢字を「えたひにん」と読み間違えるというもの。本人に悪意はなかったはずだが、後日公式サイト上で謝罪文が掲載されると共に、春名の謹慎処分が発表された。


〈春名真依(たこやきレインボー)に関するご報告とお詫び〉https://t.co/9mDYbYLkWF


〈たこやきレインボーの今後の活動について〉https://t.co/I1s6Vosjqu


— たこやきレインボー公式 (@taco_staff) February 3, 2021


https://platform.twitter.com/widgets.js


ネット上では、一連の騒動を知った人から《たった一度の間違いでそこまで一人の女の子を追い詰めたりしないでください》《差別的な意図は感じないし、厳しすぎる気もするけどな》《言い間違いみたいな不適切発言で活動自粛は酷では》と同情の声が上がっている。

この記事の画像

「アイドルが「差別用語」をポロリ…生配信ブームの裏で炎上・失言騒動が続出中!」の画像1 「アイドルが「差別用語」をポロリ…生配信ブームの裏で炎上・失言騒動が続出中!」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。