彫刻刀で刺されて出血…“イジメ経験”が壮絶すぎるお笑い芸人たち

彫刻刀で刺されて出血…“イジメ経験”が壮絶すぎるお笑い芸人たち
拡大する(全2枚)

(C)まいじつ


2月26日放送の『アナザースカイII』(日本テレビ系)で、お笑いコンビオアシズ大久保佳代子が明かした学生時代の体験が話題となっている。


小学生時代のある日、授業の合間の休憩でトイレに行くと、教室から自身の机がなくなっていたのだという。机は校庭に置かれており、大久保が取りに行くと、それを見たクラスメイトが窓から笑って見ていたそうだ。


とんでもないイジメなのだが、大久保はここで泣いたらイジメられっ子になると悟り、咄嗟に「私の机が校庭に落ちてたんだけど、警察に届けた方がいいかな?」と小粋なジョークを放ったそう。そのおかげで、なんとかピンチを切り抜けられたというのだ。


お笑い芸人には実は、大久保のように学生時代、とんでもない嫌がらせを受けていた人が多い。



ジャンポケ』斉藤の自殺も考えた過去…


ジャングルポケット斉藤慎二は、小学3年生から中学時代までイジメを受けていたという。


小学生時代、クラスで一番小さかった斉藤は「チビ」とからかわれたほか、上履きを隠されたり教科書を投げ捨てられたり、クラスで1人だけ誕生会に呼ばれないなど、さまざまなイジメを受けていたと明かしている。また、授業中に背中を彫刻刀で刺されて出血することが多かったため、血が目立たないように黒い服を着ることもあったそうだ。


さらに小学6年生の頃には、卒業アルバムの集合写真を撮る前、クラスメイトから「お前を写真に残したくない。来るな」と言われたため、学校を休んだとか。一時は自殺をしようとして、兄に止められたこともあるという。


この記事の画像

「彫刻刀で刺されて出血…“イジメ経験”が壮絶すぎるお笑い芸人たち」の画像1 「彫刻刀で刺されて出血…“イジメ経験”が壮絶すぎるお笑い芸人たち」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「彫刻刀で刺されて出血…“イジメ経験”が壮絶すぎるお笑い芸人たち」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    悪鬼羅刹の国トンキ ン

    0
  • 匿名さん 通報

    芸能人は話題作りで嘘言うのは得意だよね。放送作家が書く台本をそのまま読んでいたり。案外イジメ加害者が自殺したイジメ被害者に対して行ったイジメを、全ての地域に繋がっている創価放送作家に話題提供した話かも

    0
  • 匿名さん 通報

    創価の嫌がらせに芸能人も加担してると言う話は一部ネットである。で20年位前、渋谷の吉本無限大ホールは無料観覧時間あって試しに観覧してたのさ。創価の嫌がらせで合掌してくる行為あり、吉本タレントもしてたし

    0
この記事にコメントする

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月8日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク