『To LOVEる』作者が大ピンチ!? ジャンプのベテラン作家たちが苦戦中…

『To LOVEる』作者が大ピンチ!? ジャンプのベテラン作家たちが苦戦中…
拡大する(全2枚)


(C)PIXTA


漫画の世界には〝この作者なら必ずヒットする〟という法則は存在せず、作品によって人気のムラが生じるもの。中には大ヒット作を手掛けておきながら、その後不作が続いてしまう作家も珍しくない。少年漫画のトップランナー『週刊少年ジャンプ』の作家たちも、例外ではないようだ。


本稿では、次なる代表作を生み出せずに苦戦しているベテラン「ジャンプ」作家を3人ピックアップ。彼らが現在どんな活動を行っているのか、詳しくご紹介していこう。



矢吹健太朗の新連載もピンチ…?


矢吹健太朗『あやかしトライアングル』
まず1人目は、『BLACK CAT』や『To LOVEる -とらぶる-』などのヒット作を生み出してきた矢吹健太朗。矢吹は2020年28号から「ジャンプ」本誌に舞い戻り、新作『あやかしトライアングル』という作品を連載し始めた。しかしネット上では《つまんないとは言わないけど、路線の迷走がすごくないか》《ラブコメとしては「To LOVEる」ほど振り切れてないし、方向性がはっきりしなくて正直微妙なんだよな…》《シリアス編が微妙だし、何よりシリアス編が始まるとお色気が一気に減るのヤバい》などと不満の声が上がっており、打ち切りを心配されている。


矢吹といえば、アニメ化もされた『To LOVEる』にて絶妙なエロネタを散りばめたストーリーを展開。高すぎる画力も相まって、一時期〝矢吹神〟と称えられるほど名声を高めていた。新作の「あやかしトライアングル」でも当然お色気シーンは描かれており、圧倒的な画力は健在だ。

この記事の画像

「『To LOVEる』作者が大ピンチ!? ジャンプのベテラン作家たちが苦戦中…」の画像1 「『To LOVEる』作者が大ピンチ!? ジャンプのベテラン作家たちが苦戦中…」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク