東京五輪“野球”復活は大失敗!? 世界で総スカンの理由「日本が馬鹿みたい」

東京五輪“野球”復活は大失敗!? 世界で総スカンの理由「日本が馬鹿みたい」
拡大する(全2枚)

(C)SFIO CRACHO / Shutterstock


開催中の東京五輪で、北京五輪以来、3大会ぶりの競技種目復帰となった野球・ソフトボール。特に野球はプロ野球を1カ月もの間中断して選手を送るほど、金メダル獲得に本気を見せている。しかし、これだけ熱量を持っているのは日本だけで、国際的には全く盛り上がっていないのが実情のようだ。


「日本はペナントリーグを中断してまで〝世界一〟に固執していますが、他国の本気度はさっぱり。本場・アメリカでは『五輪はアマチュアの大会』という認識で、野球の最高峰という位置付けのメジャーリーグが五輪中も開催されています。そしてこのメジャー枠に入っている選手は五輪に出場しないため、アメリカ代表はスター不在のアマチュア集団。これはベネズエラ、ドミニカなど他の強豪国も同じであり、各国国民の関心は低く、アメリカのスポーツ報道では『本気なのは日本だけ』と揶揄されています」(スポーツ紙記者)


実際、アメリカ代表はメジャーの2軍にあたる3A・2Aの選手や、日本でプレーする助っ人ばかり。日本に関しても、ダルビッシュ有や前田健太、大谷翔平といったメジャーのトップ選手は出場せず、五輪への関心より、大谷1人の快進撃の方が注目を集めているのが実情だ。



参加国はたったの6カ国! 3回負けても金メダルが取れる野球


野球自体の競技人口・参加国が少ないため、トーナメント表やリーグ形式の対戦カードが組みづらく、他の競技に比べて圧倒的にメダルが獲得しやすいのも問題のひとつ。なんと、東京五輪は6カ国しか参加しないにもかかわらず、「4勝3敗」という成績でも金メダルが取れてしまうのだ。これでは〝世界一〟と言われてもシラてしまうのも無理はないだろう。実際、ネット上にも


この記事の画像

「東京五輪“野球”復活は大失敗!? 世界で総スカンの理由「日本が馬鹿みたい」」の画像1 「東京五輪“野球”復活は大失敗!? 世界で総スカンの理由「日本が馬鹿みたい」」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク