『Dr.STONE』209話“月旅行計画”に衝撃の真相…「つらすぎる」「泣いてしまった」

『Dr.STONE』209話“月旅行計画”に衝撃の真相…「つらすぎる」「泣いてしまった」
拡大する(全2枚)


『Dr.STONE』22巻(作画:Boichi、原作:稲垣理一郎/集英社)


科学技術の進歩の果てに、ついに月面着陸すら現実味を帯びてきた人気科学ファンタジー『Dr.STONE』。9月6日発売の『週刊少年ジャンプ』40号に掲載された第209話『ロケットの真相』では、石神千空が月到達のために描いていた計画の全貌が明かされ、読者に衝撃を与えている。



※『Dr.STONE』最新話の内容に触れています


ホワイマンに会うべく、月に行くためのロケット製作に励む千空たち。部品の大量生産が必要な「コンピューター」の製作は北米チームに任せ、高い技術力を要する「ロケットエンジン」の開発は南米チームが担当してきた。


そして、ロケット本体の製作もいよいよスタート。材料となるアルミニウムの原料「ボーキサイト」をゲットするため、千空たちは船をオーストラリアへと向かわせる。そこに北米チームの西園寺羽京と上井陽の船が合流し、電池の入った石化装置「メデューサ」が届けられた。


すると千空の口から、衝撃の事実が明かされることに。月に行くロケットは〝往路のみ〟の航空を前提に作られ、科学者・戦闘員・パイロットの3人は地球に帰らず、月に残って石化することが前提だというのだ。さらに彼らは人類の技術レベルが「自由に月まで往復できる」レベルになるまで何十年、何百年でも待ち続けなければならないという…。



二度と再会は不可能? 絶望的な計画に読者唖然…

この記事の画像

「『Dr.STONE』209話“月旅行計画”に衝撃の真相…「つらすぎる」「泣いてしまった」」の画像1 「『Dr.STONE』209話“月旅行計画”に衝撃の真相…「つらすぎる」「泣いてしまった」」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク