伊集院光“パワハラ騒動”に納得の声「自分の体も管理できないやつはダメだな」

伊集院光“パワハラ騒動”に納得の声「自分の体も管理できないやつはダメだな」
拡大する(全2枚)

(C)Sergey-Mironov / Shutterstock


お笑いタレント・伊集院光が、フリーアナウンサー・新井麻希への〝パワハラ騒動〟で揺れている。


8月30日、冠ラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)の冒頭、伊集院は月曜アシスタントを務める新井の夏休みを報告。しかし、実はこれが新井側からの申し出であったことが、『女性セブン』2021年9月30日・10月7日号で明かされたのだ。


「記事中の関係者談によると、新井は昨年春ごろから伊集院に叱責されることが増え、本人がやりづらさを訴えていたそう。夏休みの1週間前には、伊集院が『いま新井は降板スレスレのラインだからな!』と激怒し、これが決定打となって、ストレスが頂点に達した新井はスタッフに相談を持ちかけたと言います」(芸能ライター)


同誌の直撃に本人はパワハラを否定したが、ネット上では伊集院への厳しい意見が噴出している。それもそのはず、彼はこれまでにも首を傾げたくなる行動をしており、その卑しい精神性が度々炎上しているのだ。



目上に媚びへつらうラジオ信者に囲まれたお山の大将


その一端を垣間見ることができるのは本人のツイッター。今年6月、伊集院は《米津玄師の死神を何度も聞いてる》と同曲を絶賛し、フォロワーからは《米津さんは天才音楽家であり芸術家です》《何度も何度も何度も聞いてください》と共感から米津を称えるリプライが寄せられた。


しかし、伊集院はなぜかこれに《よくわからない。本人? スタッフ? 家族? 彼の曲が好きだっていう点で同列なのに謎のマウント》と卑屈に返答。フォロワーが《マウントじゃなくて、推しをおすすめしてるだけだと…》と弁解すると、《僕はこれをありがたいとか微笑ましいとか思わないっす》と指摘し、最終的にブロックした。


この記事の画像

「伊集院光“パワハラ騒動”に納得の声「自分の体も管理できないやつはダメだな」」の画像1 「伊集院光“パワハラ騒動”に納得の声「自分の体も管理できないやつはダメだな」」の画像2

当時の記事を読む

伊集院光のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「伊集院光」に関する記事

「伊集院光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「伊集院光」の記事

次に読みたい「伊集院光」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク