『鬼滅の刃』商標許可通らず…「昔からある模様を出願する方がおかしい」

『鬼滅の刃』商標許可通らず…「昔からある模様を出願する方がおかしい」
拡大する(全2枚)

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 


人気漫画『鬼滅の刃』を発行する集英社が〝市松模様〟を商標出願。特許庁から拒絶査定され、ネット上で物議を醸している。


同作品に関連して、集英社は2020年6月24日に6つの模様の商標を出願。特許庁は「いわゆる『市松模様』の一種と理解される」として、商標登録できないことを伝える「拒絶理由通知書」を出していたが、集英社が反論していた。また、主人公・炭治郎の妹である禰豆子と、友人の我妻善逸の服の柄についても「拒絶査定」が出ている。


「同漫画では炭治郎が緑と黒の市松模様の羽織を着ていて、作品を象徴する模様となっています。集英社は炭治郎をはじめとする主要キャラ6人分の服の柄を『違法なコピー商品を阻止し正規品の流通を守るため』などの理由で特許庁に商品出願しました。実際、今年6月3日付けで、冨岡義勇、胡蝶しのぶ、煉獄寿郎の3人が着ている羽織の柄については商標登録が認められましたが、炭治郎と禰豆子、善逸の3人の柄については商標登録が認められませんでした。今後、集英社が再び審判を請求するかに注目が集まっています」(出版関係者)



市松模様を巡る集英社の“反論”に呆れ声


集英社の商標出願に対して、ネット上では


《拒絶を受けたことによって他の企業や個人も商標を取れなくなったので、他社に取られて集英社が使えなくなるような事態は避けられましたね》
《市松模様を一出版社が独占するような事態にならなくてよかった。万が一ゴーサイン出ていた時は、それこそ各種団体から苦情のだったんじゃないのか》
《別に反論して商標登録するためじゃなくて、他社が商標登録するのを牽制するためでしょ》
《ルイ・ヴィトンにも市松模様シリーズあるがな。アニメが流行ったからって商標出願って図々しいにも程がある》
《昔からある市松模様を商標出願する考え方がおかしい…》


この記事の画像

「『鬼滅の刃』商標許可通らず…「昔からある模様を出願する方がおかしい」」の画像1 「『鬼滅の刃』商標許可通らず…「昔からある模様を出願する方がおかしい」」の画像2

あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク