VTuberオタクが殺害予告! 女性キャラ“降板”に激怒…「どういう思考回路」

VTuberオタクが殺害予告! 女性キャラ“降板”に激怒…「どういう思考回路」
拡大する(全2枚)

(C)ESB Professional / Shutterstock 


ここ最近のネット上で賛否両論の大荒れトピックと化している〝千葉県警VTuber広告問題〟に、新たな動きが見られた。なんと、怒り狂ったオタク側が、抗議元に大量の殺害予告を送っていたことが明らかになったのだ。


まずは騒動をおさらいしよう。千葉県警は7月、制服風水着のような衣装を着たVTuberの交通安全啓発動画を公開。これに地元・松戸の増田薫市議が共同代表を務める「全国フェミニスト議員連盟」が《腹やへそを露出しています。体を動かす度に大きな胸が揺れます。下衣は極端なミニスカートで、女子中高生であることを印象づけたうえで、性的対象物として描写し、かつ強調しています》 《女児を性的対象とするアニメキャラクターを採用することは絶対にあってはならない》などと抗議文を送付したところ、9月上旬に動画が削除された。


これに対し、ネット上のオタクは「表現の自由の侵害」「フェミニストの横暴」などと親の仇のごとく大激怒。論争はワイドショーやニュースサイトでも多く紹介され、賛否交えた大騒動と化したのだった。そして、騒動から約1カ月後の10月8日、抗議元の議連は記者会見で〝殺害予告〟の被害を明かす。



もはやテロ! 自身が正義と信じるオタクが殺害予告…


会見で増田市議は、自身や議連メンバーに対し、住所や具体的な日時を指定し「めった刺しにしてやる」「戸締まりに気を付けておけ」などと書かれた殺害予告をはじめ、脅迫メールが500通以上も届いていると告白。すでに警察へ被害届を出しているため逮捕も時間の問題だが、「怖い人が来たらどうしよう、何か攻撃されたらどうしようという気持ちが働く」と恐怖心を訴えかけている。


この記事の画像

「VTuberオタクが殺害予告! 女性キャラ“降板”に激怒…「どういう思考回路」」の画像1 「VTuberオタクが殺害予告! 女性キャラ“降板”に激怒…「どういう思考回路」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク