【第63回日本学生科学賞 内閣総理大臣賞】名古屋市立向陽高等学校

【第63回日本学生科学賞 内閣総理大臣賞】名古屋市立向陽高等学校
理科教育において、日本で最も伝統と権威がある中学・高校生の公募コンクールの一つ「日本学生科学賞」。63回目の開催となった2019年、栄えある内閣総理大臣賞を受賞したのが、向陽高等学校の岩田晃陽くん(3年)と久保風仁くん(3年)です。ユリの受精のしくみにアプローチした研究内容、苦労した点などをお二人に伺いました。

■ユリの受精を促す「花粉管誘引物質」に関する新発見!

「日本学生科学賞」では、物理、化学、生物、地学、広領域(複数の分野にわたる研究など)、情報・技術の6分野で、全国の中高生から研究作品を公募しています。今回、岩田くんと久保くんが最も栄誉ある内閣総理大臣賞を受賞したのは、生物分野の「ユリの花粉管誘導Ⅲ~雌しべ上部における花粉管誘引物質は一つなのか~」という研究です。

ユリは受粉すると、花粉から「花粉管」がめしべの中に伸び、胚珠に届くと受精が行われます。このときめしべ上部で分泌される花粉管を導く物質は、従来一つだと思われていました。しかし二人は今回、めしべ上部の中でも柱頭(※1)内壁と花柱(※2)上部でそれぞれ異なる物質が存在することを証明しました。

これは世界的に見ても先行研究が少なく、将来的に教科書に載るかもしれないほどの可能性を秘めた大発見。そんな研究を成し遂げた二人に、インタビューを行いました。

※1 めしべの先端
※2 柱頭と子房をつなぐ柱状の部分

■「内閣総理大臣賞」という大きすぎる賞に驚きと安堵

あわせて読みたい

進路のミカタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。