【第16回中高生南極北極科学コンテスト 優秀賞・南極北極科学賞】山口県立山口高等学校

【第16回中高生南極北極科学コンテスト 優秀賞・南極北極科学賞】山口県立山口高等学校
11月10日に開催された、南極北極ジュニアフォーラム2019。そこで「第16回中高生南極北極科学コンテスト」の受賞者たちが発表を行いました。中学生や高校生を対象に、南極・北極で実施したい研究提案を募集する本大会ですが、今年は34校から215件の応募がありました。
そんな中、優秀賞・南極北極科学賞に選ばれたのは、山口県立山口高等学校の化学・生物部。プレゼンを行った大塚天誠君(写真右)と関野怜威君(写真左)に、研究の楽しさや工夫した点を伺いました。

■捕集用ネットを投げ、海水中のプランクトンやマイクロプラスチックを捕獲

山口高校の2人が発表したのは、極域のマイクロプラスチックとプランクトン調査に関する研究です。

一般的に海洋を漂うマイクロプラスチックの調査は、船から採集する方法が主なのですが、高校生にとって船を用いた実験は容易ではありません。そこで、海岸から釣竿で捕集用ネットを投げることで、海水中のプランクトンやマイクロプラスチックを捕獲する方法を考案。
山陽と山陰の海岸2地点で実験を行ったところ、海岸のマイクロプラスチックは山陰のほうが多く小さいことが分かりました。これは海流によって多くのプラスチックが漂着し、さらに波や風によって粉砕されたためと考えられます。

このように、極域でこの捕集用ネットを用いて実験を行えば、極域におけるマイクロプラスチックとプランクトンの分布や移動状態が明らかになる可能性があると発表しました。

あわせて読みたい

進路のミカタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。