【シゴトを知ろう】和菓子職人 ~番外編~

【シゴトを知ろう】和菓子職人 ~番外編~
大手の老舗和菓子店に勤務し修業を積んだのちに、独立して東京都大田区に「wagashi asobi」をオープンさせた稲葉基大さんと浅野理生さん。番外編では、和菓子の会社に勤務していたサラリーマン時代と独立してからの両方の視点から、和菓子職人のリアルな働き方について語っていただきました。

■こだわりは、人とのつながりを大切にすること

―― 仕事中にこだわっていることはありますか?

稲葉:良い材料にこだわるというのは当たり前のことなのですが、本当に良い素材にたどりつくことが、なかなか難しいものです。良い素材を使わせていただくために、人と人とのつながりを大切にしています。

現在、wagasi asobiで使っている抹茶の粉は、幼稚園時代の同級生のお父さんがお茶のお店をされていたので、相談して手に入れたものです。ちょうどご家族が、抹茶で有名な愛知県西尾でお茶を作っていたので、その抹茶を送っていただくことになりました。

浅野:本当に損得勘定ではなく気持ちのつながりとか、楽しい時間を一緒に過ごしたご縁とか、そういったリアルな人と人との関係に、独立してから助けられている気がします。損得勘定で判断すると、ミスが起こりかねません。意思疎通がうまくいかないと、なかなかいい結果にはつながりませんね。

―― 働くときに気を付けていることはありますか?

浅野:和菓子づくりで使う材料をしっかり選ぶことはもちろんですが、自分自身で食べるものも、気を付けて選ぶようになりました。体調管理も大切なので、添加物が入っているものは、極力選ばないようにしています。

あわせて読みたい

進路のミカタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。