【第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2019)】科学技術政策担当大臣賞 大阪府立大手前高等学校 定時制の課程

―― 研究を行った場所や環境を教えてください。

学校の科学部の活動として、物理講義室を中心に活動していました。先輩が作った微小重力発生装置や重力可変装置を利用して実験を行いました。

―― 研究において最も苦労したことは何ですか?

重力可変装置で作った重力の値が振動してしまうことに苦労しました。さまざまな方法でその振動をなくすことを考えましたが、今は手で離れる瞬間の振動を吸収する方法がベストとして実験をしています。

また、カプセルの落下中に弾丸を発射する仕組みを考えるのが大変でした。予算が少なかったので、電動ガンを用いてできるだけ簡単な仕掛けを作りました。
赤外線や電波で弾丸発射の信号を送るような、高精度な器具を作るなどの手もありましたが、それだと高価になるし、プログラミングの技術も問われてくる。材料も普通の木では作れないから、それに応じたパーツが必要になります。それよりは、電動ガンを改造して弾丸発射機構を作った方が予算は抑えられるのでは?と考えました。

■今後は実験の条件を変えてデータをたくさん取ることに集中する

―― 今後の研究での目標はありますか?

NASAの結果と我々の結果がどうして異なっているのかまだはっきりと判明していないので、条件を変えながら実験を重ねて、なぜそのような実験値がでるのか調べたいです。

―― 進路が決まっていたら教えてください。

まだ明確には決めていませんが、農業関係かゲームを作ることをしてみたいと思っています。

放課後の短い時間を使って結果を出した橋本くん。しかも予算に限りがあるという制限のなかで、できるだけ精度の高い実験を行うためにはどのような器具を作ればいいのかを考えに考えつくしたとのこと。その結果、電動ガンを使う方法を思いついたといいます。世界中の研究者が分からなかったテーマに対して、果敢に挑んでいる姿を見ると勇気が湧いてきますね。

【profile】大阪府立大手前高等学校 定時制の課程 科学部
橋本晃志(3年)

あわせて読みたい

進路のミカタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。