【2019年高校総体】明星高等学校 陸上部

【2019年高校総体】明星高等学校 陸上部
今年3回目のインターハイ出場となる女子800mのヒリアー紗璃苗さんと、今年初出場の男子100m塚口哲平君。
いつも練習していた競技場が改修工事に入り、限られた場所での練習しかできないというピンチにも負けず、今ある環境で自分たちを追い込み、高校最後のインターハイでの優勝を狙います。お二人にご自身の強みや大会への意気込みなどを伺いました。

■限られた環境の中でいかに自分を追い込む練習ができるかを考える

―― 練習がある平日のスケジュールを教えてください。

塚口:朝練は自主参加です。僕は1カ月に1回くらい参加します(笑)。朝は軽く体を動かす程度ですね。夕方は16時頃から練習を始めます。
僕らはある程度自由に練習させてもらっているのですが、みんなはアップ後ドリルをして、流しで軽く走って、各種目に分かれてアップ。その後先生から出されたメニューをこなします。そして補強をしたりして、18時半くらいで終わることが多いですね。

ヒリアー:5月頃から以前練習していた競技場が改修工事に入ってしまったので、校内にある50mレーンで主に練習しています。18時半過ぎには他の部活の生徒が帰ってグラウンドを広く使えるようになるので、そこから最終下校時刻の19時頃までグラウンドを走っています。でもグランドでは砂なので、競技場のタータン(合成ゴム)とは環境が違います。砂のほうが滑るし、スパイクでも走れません。その分この環境の中でどれだけ厳しい練習をして自分を追い込むことができるかを考えて練習しています。ただカーブなどの練習ができないのは大変ですね。

あわせて読みたい

進路のミカタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。