見たことない生物がいっぱい! どうして水族館で珍しい生物を飼育できるの?

見たことない生物がいっぱい! どうして水族館で珍しい生物を飼育できるの?
耳のように見えるヒレがかわいい、オオメンダコ
珍しい生物を見られるのが水族館の醍醐味の一つ。世界的に飼育例のない生物や、新種登録されたばかりの生物なら、なおさらです。福島県の水族館「アクアマリンふくしま」にも、「ここだけ」という生物が盛りだくさん。生態も明らかになっていないのに、どうしてこれらの生物を飼育・展示できるのでしょうか。ベテラン飼育係の山内信弥さんにお話を伺いました。

■ここだけでしか見られない珍しい生物たち

―― アクアマリンふくしまで飼育されている、珍しい生物をいくつか教えてください。

深海に生息する「オオメンダコ」や「オオグチボヤ」は、生きたまま採集されることが珍しい貴重な生物です。また、同様に深海生物で、採集が難しい「クレナイモロトゲエビ」「シラユキモロトゲエビ」「シレトコモロトゲエビ」も展示中。この3種は、2019年1月に新種登録されたばかりのエビです。

―― それぞれの特徴を教えてください。

オオメンダコは、日本では北海道から鹿島灘沖の水深500m~800mに生息するメンダコの一種です。多くの水族館で見られるメンダコは脚を広げても、大きさが手の平サイズ(約15cm)ですが、このオオメンダコは、倍以上(約30cm)の大きさがあります。
たまに漁師の底引き網などにかかるのですが、生存していることは稀。飼育例もほとんどなく、現在全国でも当館にしかいません。足が短く膜に覆われていて、UFOのような形をしている他、ゾウの耳のような器官があるので「ダンボオクトパス」とも呼ばれています。

あわせて読みたい

進路のミカタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。