専門性を深め、可能性を広げる教育で社会から必要とされる人材を輩出

専門性を深め、可能性を広げる教育で社会から必要とされる人材を輩出
「真理愛好・個性尊重」の建学の精神のもと、学生の「伸びしろ」に働きかける教育を重視する神戸学院大学佐藤雅美学長にお話を伺いました。

1956年生まれ。法学修士。専攻は刑法学。1979年大阪大学法学部卒業。1988年、同大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得後満期退学。その後、本学法学部講師、助教授、教授、法学部長、副学長を経て、2016年から現職。現在、大学基準協会評議員、日本私立大学協会常務理事、大学コンソーシアムひょうご神戸理事などを務める。

■学生の「伸びしろ」に働きかけ、成長を実感できる大学へ

神戸学院大学は1966年、初代学長・森茂樹が掲げた建学の精神「真理愛好・個性尊重」のもと、栄養学部の単科大学として有瀬キャンパス(神戸市西区)に設立されました。建学の精神には「学問を通じて、広くかつ深い人生観、世界観を培い、もって国家最高の教育機関としての使命を果たす」という想いが込められています。1967年に法学部、経済学部、1972年には薬学部を開設し、文理融合型私立総合大学としての体制を本格的にスタート。2007年にはポートアイランドキャンパス(神戸市中央区)を開設しました。2014年には現代社会学部現代社会学科と社会防災学科を新設。社会防災学科では、神戸を代表する大学として、阪神・淡路大震災の教訓を未来に生かすため、防災教育に注力。この取り組みは、各方面から「防災教育に強い大学」という評価の獲得に至っています。さらに国際都市・神戸を舞台に国際社会に貢献できる能力を育むグローバル・コミュニケーション学部を開設。高いコミュニケーションスキルを身につけたグローバル人材の育成にも力を注いでいます。さらに2018年には国家資格である「公認心理師」養成に対応するカリキュラムを備えた心理学部を新設し、現在では10学部8研究科、約11,000名の学生を擁する神戸市内で最大規模の文理融合型私立総合大学として発展しています。

あわせて読みたい

進路のミカタの記事をもっと見る 2019年4月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。