片づけスイッチが入る!一カ所だけテコ入れするコツ

片づけスイッチが入る!一カ所だけテコ入れするコツ

片づけるのが苦手でも素敵なインテリアに憧れる。時には気分を変えたいと思うこともあるものです。とは言っても部屋じゅうを徹底的に片づけたり、家具を買ったりするのは荷が重い。そんなときにおススメな、自然と片づいてキレイになる、一カ所だけテコ入れするコツを紹介します。

ズボラなのにキレイに見えるチョイ置き

部屋の中にモノがあると落ち着かない気分になりますか?戸棚や引き出しにしまったほうが室内はスッキリとするのですが、こまめに片づけるのは気持ちの上で大きな負担。だから、部屋の中に指定席をつくるのがおすすめです。

そこで使いたい道具は、シンプルに入れるだけ置くだけでいいカゴやボックス。その入れ物をメイクセットや郵便物、読みかけの雑誌などをチョイ置きする指定席にします。部屋で使うための道具を選ぶときには、素材と色、大きさに着目して、インテリアに馴染ませると模様替えをしたように部屋のイメージがスッキリとします。また、軽くて小さなスツールが1脚あると便利。使いたいときに使う所の近くに置いて、使い終わったら部屋の隅へと移動すれば、さらに片づけやすくなります。

布とトレイでテーブルをスッキリとリセット

片づかなくて困っている所があちこちにあると思うのですが、中でも気になるのがダイニングテーブルではないでしょうか。テーブルでは書類を整理したりタブレットを操作したり、読書をしたりすることも。そのため、テーブルには郵便物、筆記用具、雑誌、お菓子などが広がっていて、食事をするたびに片づけることになります。

そんなときには、テーブルを壁から少し離して、まわりにスペースを空けておきましょう。すると、壁際にずっと置いてあったボックスティッシュや、積みあげた紙の山を片づけたくなります。その際にもチョイ置きの入れ物があると便利です。さらに、食事をするときにはテーブルクロスを広げるか、ランチョンマットを使うと、ふだんは散らかることのあるテーブルでも、その場の雰囲気が一変します。

見せ場をつくって華やかに

昨今、モノを減らす「ダンシャリ」や、モノを持たない「ミニマリスト」の暮らし方に関心が集まりました。その一方で、好きなモノに囲まれて暮らしたいといったライフスタイルも。お気に入りを飾りたいという場合には、片づけることと装飾することとのバランスをとることがポイントになります。

室内に日用品を一切置くことなく、装飾を際立たせる部屋づくりが理想。とは言っても、暮らしている以上は生活の実情が優先します。そこで、食器や鍋などを見せながら使えるようにしたり、書類ボックスを置くコーナーとフォトフレームを飾るコーナーを分けたりして、心地よさを調節するといったやり方が現実的。チョイ置きの指定席と飾る場所をしっかりと決めて、両方が入り混じらないようすることが肝心です。見せ場を意識的に創り出すようにしましょう。


すはらひろこ
整理収納アドバイザー認定講師・一級建築士・インテリアコーディネーター。インテリアのプロならではの収納術が、オシャレでやる気がわくと好評。片付け講座を定期開催するほかテレビ・雑誌でも活躍。著書「シンプルに暮らす 無印良品で片づく部屋のつくり方」(エクスナレッジ)、「朝、着る服に迷わないハッピー収納術」(大和書房)、「1分からはじめるかたづけ術」(だいわ文庫)など著書・監修書多数。https://ouchisuteki.com/

あわせて読みたい

マイナビ賃貸の記事をもっと見る 2018年11月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。