三村智保九段が藤沢秀行名誉棋聖に学んだ「碁の芸術性」


精神面も未熟だったと思います。最近の入段者は皆、プロ入りするときには勝負師として完成した状態で入ってきますけど、当時の僕は本当に甘ちゃんでした。当然、勝負にも甘く、入段当初はなかなか勝てなかったのです。
藤沢秀行先生の下で正式に弟子とさせていただくことになった経緯としては、田岡先生の所で一緒に習っていた森田道博君(現九段)が先に入段し、秀行先生の弟子になっていたということが大きかった。それで田岡先生を通じて研究会にも顔を出させてもらうようになり、入門もさせていただいたのでした。
秀行先生は、自分の弟子だろうとそれ以外の棋士だろうと、全く分け隔てなく教えていました。というか、直弟子には特に厳しかったように思います。僕も、森田君も高尾紳路君(現十段)も、いつも怒られていましたからね。
秀行先生から学んだことは、技術はもちろんですが、それ以上に「碁に対する考え方」という点が大きかった。「とにかく勝負より内容が大事」というもので、たとえ負けても、その中に一手でも光るものがあれば褒められましたし、勝ったとしても程度の低い手を打てば激しくけなされました。
そうした過程で、碁における芸術性というものを強く意識するようになったことは間違いありません。碁を究める気持ちを持って盤に臨むようになりました。ただその反面、勝負に甘い棋士になってしまった一面はあるのですが…。
■『NHK囲碁講座』2014年10月号より

この記事の画像

「三村智保九段が藤沢秀行名誉棋聖に学んだ「碁の芸術性」」の画像1 「三村智保九段が藤沢秀行名誉棋聖に学んだ「碁の芸術性」」の画像2
NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク