『ハムレット』は哲学である

『ハムレット』は哲学である
シェイクスピア時代のグローブ座は、1613年、『ヘンリー8世』を上演中に舞台で使った大砲の火が引火して焼失。翌年に再建されたが、1644年にピューリタン革命により取り壊された。写真は1997年に復元されたグローブ座
『ハムレット』の第一幕第一場は、二人の歩哨(ほしょう)による次の台詞で幕を開ける。
バナードー 誰だ。
フランシスコ なに、貴様こそ。動くな、名を名乗れ。
真夜中の12時、先に城壁の歩哨に立っていたフランシスコが、あとから来たバナードーに逆に誰何(すいか)されてしまう──。東京大学大学院教授の河合祥一郎(かわい・しょういちろう)氏は「このアイデンティティの問いかけは、作品全体のモチーフを予告するものです」と語る。その意味するところを聞いた。

* * *

一見すると何気ない、幕開けの「誰だ」(Whoʼs there?)という台詞は、誰何するべき相手に先に誰何されるという関係性の転倒によって、「ここにいる私とは誰か?」という問いと呼応しています。ひいてはこの最初の台詞は作品を通して、そもそも人間が存在するとはどういうことなのか、人間とはそもそも何なのか、という問いにまでつながっていくのです。「人間とは何だ」(What is a man)という台詞もあとでそのまま出てきますが(第四幕第四場)、この作品は存在の問題を追求するもの、いわば“存在の研究”(study of being)である、というのが私の持論なのです。
つまり『ハムレット』という作品は単なる復讐劇ではなく、人はなぜ生きるのか、いかに生きていくべきなのか、という哲学を描いたものだということです。ただし、これはロマン派が考える近代以降の哲学とは違います。ここで問われているアイデンティティは、私たちのような近代的自我のアイデンティティとはいささか異なるものだということに、注意しておかなくてはなりません。『ハムレット』が書かれた1600年頃はルネサンスの時代であり、ちょうど中世と近代のはざまの時代です。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る 2015年1月4日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら