「かんで飲み込む」ことで得られる3つの効果

「かんで飲み込む」ことで得られる3つの効果
エクササイズは1度の食事の間に1回行えばOK。 撮影:藤田浩司
若さを育てる口元エクサイズの基本は、口元の筋肉と姿勢。食事のときこそ、姿勢を正して口元を意識するチャンスです。よい姿勢で、しっかりかんで食べる習慣をつけましょう。毎日の繰り返しで、顔、体が若々しく変わります。歯科医師の宝田恭子(たからだ・きょうこ)さんが、きちんとした姿勢でかむことの大切さを説明します。

* * *

■姿勢とそしゃくの意外な関係

「飲み込む」という行為は、唾液がしっかり出ていないと難しいもの。けれど猫背になると、奥歯を使ってかむことが難しくなり、かむ回数が減るため、唾液の分泌が少なくなります。加えて、飲み込むための筋肉が十分に使えなくなります。姿勢の悪さは、かむ力(そしゃく力)、飲み込む力(えん下力)の両方の低下を招くのです。
また、唾液に含まれる消化酵素には、老化や病気の原因となる活性酸素を抑制する働きもあるため、唾液が少ないと美容や健康面でもデメリットが大きくなります。

■“かんで、飲み込む”の効果

効果1:唾液の分泌を促し活性酸素を抑える
過剰な活性酸素は、正常な細胞を攻撃し病気や老化の引き金に。唾液に含まれる酵素は活性酸素を分解、無毒化するため、よくかんで唾液分泌を促すのが大切。
効果2:消化酵素で胃腸の負担も軽くなる
食べ物を唾液の消化酵素にしっかり絡ませることで、胃腸にかかる負担を軽減できる。また、早食いがなくなるため、肥満防止にも。
効果3:飲み込む力をつけ、えん下障害を予防
「正しい姿勢でゆっくりかみ、飲み込む」を習慣にすれば、年齢を重ねても飲み込むための筋肉をしっかり保つことができる。
※テキストでは、表情筋と、そしゃく筋、抗重力筋(よい姿勢を保つために働く筋肉。背中、もも、ふくらはぎなどにある)に効くそしゃくエクササイズを紹介しています。
■『NHKまる得マガジン 口元エクササイズで若々しく!』より

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る 2015年2月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら