神話とギリシア悲劇からみる「父殺し」の普遍性

神話とギリシア悲劇からみる「父殺し」の普遍性
現在のアテネのアクロポリスにそびえるパルテノン神殿
       
「神話には、小説であれ映画であれ、繰り返し物語として変奏されることになるテーマの元型をみることができます」と語るのは、作家・法政大学教授の島田雅彦(しまだ・まさひこ)氏。『オイディプス王』に代表されるギリシア悲劇は、神話を踏襲しているため、暴力、性愛、親子関係がテーマとして頻出する。『オイディプス王』の物語の柱となる「父殺し」というテーマについて、島田氏が解説する。

* * *

フロイトによると、男児は最初の異性である母を手に入れたいと望む。しかし母親をいくら愛したとしてもそれは父親の女であるから、母親との恋はあきらめなければならない。もしそれをあきらめきれずに母親との恋を貫徹するのであれば、邪魔者になる父を排除したいと考えるようになる──。これがいわゆる「父殺し」で、フロイトはその心的構造を「オイディプス(エディプス)・コンプレックス」と名付けました。
古代では、高貴な家であればあるほど、子供の役割とは跡継ぎ、王位を継承させる存在です。しかし、なんの問題もなく平和的に子に王位を継承させることができた王は、幸運といわざるをえません。父王に妾(めかけ)とその子がいれば、そこに骨肉の争いが起きるのも必然です。
アレクサンドロス大王の場合、父王ピリッポス二世が寵愛する第七夫人に子どもがおり、ピリッポス二世がアレクサンドロスの母親である第四夫人より第七夫人を愛していたこともあって、自分が本当に王位を継承できるかどうか、不安にさいなまれた時期がありました。たまたまピリッポス二世が側近に暗殺され、まだ幼かった弟がそのとき王位に就くことはなかった。そこでチャンスとばかりに、20歳そこそこのアレクサンドロスは幼い弟を亡き者にして、実力で王位を獲得したのです。つまり王位とは、かなり厳しい試練を与えられたのちに、父親から継承されるものでした。
NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。