山下敬吾九段の「豪腕」と今村俊也九段の「世界一厚い碁」

第63回NHK 杯2回戦・第8局は、今村俊也(いまむら・としや)九段(黒)と山下敬吾(やました・けいご)九段(白)が激突した。観戦記者の甘竹潤二さんの観戦記より、序盤の展開を紹介する。

* * *

山下敬吾九段のアツい夏が終わった。井山裕太四冠に挑戦した碁聖戦五番勝負は1勝3敗で敗退。これで今年の両者の番碁対決は棋聖戦、本因坊戦に次いで3度、井山が制する結果となった。長岡市で行われた碁聖戦第3局の前夜祭。両対局者が退席したあと、司会者がファンに「どちらが勝つと思いますか?」と挙手を求めたところ、山下乗りが多数を占めた。単なる応援票ではあるまい。負けても負けても井山に挑戦する山下の姿に共感を覚えたファンが思わず「頑張れ」と声をかけたくなる。山下にはそんな魅力がある。
棋士としてはもちろん、関西棋院の常務理事としても、東奔西走の日々を送っている今村俊也九段は来年50歳を迎える。「藤沢秀行先生が『50歳になって強くなる』とおっしゃったように、僕も碁が強くなれたらと思っています」と、胸の内を語ってくれた。
さて豪腕山下と「世界一厚い碁」といわれる今村の一戦は、今村が珍しく地を先行する展開に。中盤、山下の豪腕がさく裂したが…。

■1譜 右辺を黒地にさせる

両者の対戦成績は山下敬吾九段9勝、今村俊也九段4勝。「山下さんは力が強い。こちらは厚く打っているつもりなのに、厚みを破壊されてしまう」と今村は言う。本局の解説を務める河野臨九段は、山下と2005年から3年連続の対決となった天元戦五番勝負(河野の3連覇)が印象深い。「山下さんとの対局はどの碁も激戦になって、すぐにツブされそうになる。とても神経を使う相手」だと言う。

この記事の画像

「山下敬吾九段の「豪腕」と今村俊也九段の「世界一厚い碁」」の画像1 「山下敬吾九段の「豪腕」と今村俊也九段の「世界一厚い碁」」の画像2 「山下敬吾九段の「豪腕」と今村俊也九段の「世界一厚い碁」」の画像3

当時の記事を読む

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク