菅井竜也七段、岡山に生まれたから棋士になれた

菅井竜也七段、岡山に生まれたから棋士になれた
拡大する(全1枚)
写真:河井邦彦
今回登場するのは菅井竜也(すがい・たつや)七段。現在でも出身地である岡山市に在住しています。岡山に生まれたから棋士になれた、という興味深い話は本文でどうぞ。

 
* * *

5歳のとき、父が将棋を始めたんです。子どものころは親がやっていることは興味を持つじゃないですか。ルールを教えてもらって、父とばかり指していました。いまは小学校高学年でも四段の子がごろごろいますが、僕は5歳から始めて小4でまだ初段くらいでした。教室の日しか指していなければそれでも順調でしょうけど、将棋が好きで、毎日将棋に触れていて初段ですから、遅いペースだったと思います。
住んでいるところは岡山市の中心部から離れていましたが、小4から倉敷市の大山名人記念館に通えることになりました。ほかにも地元の方が将棋クラブを作ってくれたり、強い人が集まるところに連れていってくれたりして、飛躍的に強くなりました。
正月に強豪を招いた大会が開かれていましたが、僕を鍛えるために始まったようなものです。いまは後援会の会員になっている方、記念館の方、ほかにもたくさんいるのですが、変わらず応援してくださっています。僕は何もしていないのに。もし自分が違う県に生まれていたら、将棋を覚える機会はあったとしても、プロにはなっていないでしょうね。とても恵まれた環境で育ててもらいました。
小5の夏、小学生倉敷王将戦で優勝して、その年に師匠(井上慶太九段)に手紙を書いて、弟子入りをお願いしました。師匠はびっくりしたそうです。接点がゼロでしたから。NHK杯の解説は面白いし、でも対局している表情は厳しい。そんな姿に憧れました。

当時の記事を読む

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク