「その手は指が自然に指す」……畠山 鎮七段が伝えたい棋士の感覚

「その手は指が自然に指す」……畠山 鎮七段が伝えたい棋士の感覚
拡大する(全1枚)
7月から半年にわたり、『NHK 将棋講座』テキストの別冊付録「指に染み込ませたい 極上手筋」をお届けします。講師は奨励会の幹事を9年間務め、若手の育成に力を注いできた畠山 鎮(はたけやま・まもる)七段。まずは、講座の狙いとプロ筋の定義について伺いました。

* * *

将棋の手筋の解説書は多いですが、今回はプロの視点から、[プロの感覚]とか[プロなら一目]、また[ その手は指が自然に指す]などの「棋士の感覚」を伝えたいと考えています。
これらは棋士がよく使うフレーズですが、なかなか言葉で説明するのは難しいものです。しかし、できるだけ分かりやすくお伝えしたいと思います。
私は奨励会(プロの養成機関)の幹事を9年間務めましたが、「まだまだプロの将棋ではないなあ」と感じる子どももいれば、新人であっても「すでにプロ筋で伸びるな」と感じることもありました。そして、やはりほぼ例外なく、プロ筋を身に付けた子どもが抜いていきました。
今回は序盤編、何気ない序盤にもプロの悩み、意識が込められています。それを感じ取ってお楽しみいただければと思います。
 

■プロ筋の定義とは?

アマ四~五段の子どもたちの場合、ほとんどが奨励会6級を受験します。将棋の内容的には、定跡を丸ごと覚えているより、外れたり、自力で切り開くタイプのほうが力はつきます。
しかし、奨励会の有段者になるとそれでは通用しなくなるので、[用心深い序盤][相手を怖れず切り合う中盤][ギリギリの一手勝ちに踏み込む終盤]この三つは備えていないといけません。特に中盤で相手の手を警戒し過ぎる将棋は精神的にも疲労感が強いですし、将棋の内容自体も縮こまって伸びしろがなくなります。

当時の記事を読む

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク