日本美術史上最強の絵師集団、狩野派とは

初代・狩野正信(かのう・まさのぶ)からスタートした狩野派。永徳(えいとく)が時代の潮流に乗り、約400年もの間、大河ドラマのような壮大な物語を紡いでいった。日本美術を主な領域とするライター、エディターの橋本麻里 (はしもと・まり)さんが、狩野派の歴史をひもとく。

* * *

室町時代から江戸時代までの約400年、常に時の権力者の傍らにあり続けてきた、日本美術史上最強の絵師集団こそ狩野派だ。彼らが歴史の上に姿を現すのは、応仁元年(1467)に起きた応仁の乱直前のこと。日本絵画の流れに中国的なもの(漢画)とやまと絵風と、ふたつの潮流があり、狩野派は漢画系として出発した。混乱期の京都で頭角を現した初代の狩野正信(かのう・まさのぶ)は、やがて将軍の御用絵師(ごようえし)を務めるまでに。その子・元信(もとのぶ)は仏画や肖像画、水墨画ばかりでなく、本来はやまと絵系の絵師たちがレパートリーとしていた絵巻、やまと絵の金屛風の伝統を引き継ぐ金地濃彩画(きんぢのうさいが)、洛中洛外図(らくちゅうらくがいず)に代表される風俗画などにも積極的に取り組み、和漢の融合を果たした。それが武家から社寺、宮中、公家から上層町衆に至る、幅広い層の顧客獲得につながる一方、元信は多くの弟子を育て、多彩な顧客たちの注文に応えるための体制をも完成させたのだ。
そして迎えた安土桃山時代。織田信長や豊臣秀吉という稀代の個性とリーダーシップを兼ね備えた天下人の心を捉えたのが、元信の孫、狩野永徳(かのう・えいとく)だ。17世紀に日本初の画論書である『本朝画史(ほんちょうがし)』を著した狩野永納(かのう・えいのう)が、「舞鶴奔蛇の勢いに似たり(鶴が舞い、蛇が走り回るかのような勢いがある)」と評したその豪壮なスタイルは一時代を画し、安土城や聚楽第(じゅらくだい)、大坂城など巨大な城郭の障壁画(襖や壁貼付など)を任されるようになる。一族門弟を総動員して巨大建築の装飾にあたるその仕事ぶりは、まさに当時の「ゼネコン」であり、永徳はその頂点に立つ、「天下画工の長」であった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク