『法華経』成立の背景

『法華経』成立の背景
『法華経』は、釈尊(しゃくそん/お釈迦〈しゃか〉さま)が亡くなって500年ほど経った頃(1世紀末~3世紀初頭)に、インド北西部で編纂(へんさん)されたと考えられています。『法華経』の説く思想は、この時代、特に当時の仏教界が直面していた課題と密接に関係しています。そこで、まずはインド仏教史の概略からお話しすることにしましょう。これを知っておくと、『法華経』という経典の位置づけが分かり、内容もぐっと理解しやすくなります。解説してくださるのは、仏教思想研究家の植木雅俊(うえき・まさとし)さんです。

* * *

最初は原始仏教の時代です。原始仏教とは初期仏教ともいい、釈尊在世(中村元〈はじめ〉先生によると、前463~前383)の頃、および直弟子たちがまだ生きている頃の仏教を指します。
紀元前3世紀頃、インド亜大陸をほぼ統一したアショーカ王の命により、息子(あるいは弟)のマヒンダによってセイロン(現スリランカ)に仏教が伝えられました。アショーカ王の妻の出身地が西インドで、マヒンダはそこで話されていたパーリ語の仏典をセイロンに伝えたため、ここにパーリ語で原始仏教が保存されることになりました。釈尊の生の言葉に近いものが残ったわけで、これは後世の我々にとって本当に幸運なことでした。
釈尊滅後100年ほどが経った頃、紀元前3世紀に第二回仏典結集(けつじゅう)が行なわれ、そこで仏教教団は保守的な上座部(じょうざぶ)と進歩的な大衆部(だいしゅぶ)に分裂します(根本分裂)。それがさらに枝分かれし、二十の部派にまで広がります(枝末〈しまつ〉分裂)。その中で最も有力だったのが、説一切有部(せついっさいうぶ)という部派です。権威主義的で資金も豊富であり、後に「小乗仏教」と批判されるのはこの部派のことを指します。小乗仏教という言葉は、一般的には大乗仏教以外の仏教すべてというようなかなり曖昧(あいまい)な使われ方がされていますが、龍樹の著とされる『大智度論(だいちどろん)』によると、厳密にはこの説一切有部のことを意味しています。以下、このテキストで小乗仏教と言う場合はこの説一切有部のことを指します。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。