誰でも成仏できると説いた『法華経』

誰でも成仏できると説いた『法華経』
『法華経』は、“出家と在家”や“男性と女性”といった区別なく、人間は誰でも一人残らず成仏できると説いたお経です。この特徴は、第一章から如実に表れています。仏教思想研究家の植木雅俊(うえき・まさとし)さんが読み解きます。

* * *

まずは第一章「序品(じょぼん)」(第一)です。序品は次のような言葉で始まります。
このように私は聞いた。ある時、世尊(せそん)は、1200人の男性出家者の大集団(比丘僧伽〈びくそうぎゃ〉)とともに、王舎城(おうしゃじょう)の霊鷲山で過ごしておられた。
仏教のあらゆる経典は、「このように私は聞いた(如是我聞〈にょぜがもん〉)」で始まります。これは、釈尊が亡くなったあと弟子たちが教えを確認しあう仏典結集を行なった際、釈尊に常に随行していた多聞(たもん)第一の阿難が、まず「私はこのように聞きました」と切り出して、自分が覚えている釈尊の教えを語ったことから定着した形式です。1200人の弟子と一緒だったというのも多くの経典に共通した書き出しで、数字は1250人とするのが一般的です。
続けて、主な弟子たちの名前が列挙されます。舎利弗、阿難などよく知られた仏弟子たちのほか、摩訶波闍波提(まかはじゃはだい/マハー・プラジャーパティー)、耶輸陀羅(やしゅだら/ヤショーダラー)などの女性たちもそれぞれ女性出家者を何千人と伴って参列しています。加えて、8万人の菩薩、2万の神々の子に伴われた帝釈天(シャクラ神)、3万の神々の子に伴われた四天王、1万2千人の神々の子に伴われた梵天(ブラフマー神)、天龍八部衆などが参列しているとされ、拙訳で数えると実に四ページ半にわたって長々と参列者の名前が列挙されます。そんな経典はほかにはありません。なぜ『法華経』にはこれほどの数の名前が列挙されているのでしょうか。それはおそらく、『法華経』があらゆる人の成仏を説く経典であることの象徴として、あらゆる階層の人々を列挙したからなのでしょう。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月28日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。