絶対収穫! バナナを自宅で育ててみよう

絶対収穫! バナナを自宅で育ててみよう
バナナの葉は蒸しものや器など料理に、またグリーンインテリアとしても楽しめる 撮影:竹田正道
もぎたてのバナナは自家製ならではの濃厚な甘み。わが家でバナナが収穫できる喜びに加えて、トロピカルムード満点のグリーンインテリアとしても一年中楽しめます。園芸研究家の小川 恭弘(おがわ・やすひろ)さんに、収穫を目指すために押さえておきたい5つのポイントを教えてもらいました。

* * *

■絶対収穫! 5つの切り札

切り札1 矮性種を選ぶ
果実が流通している一般のバナナは、草丈が10mくらいになる品種。家庭で栽培するなら、「三尺バナナ」「ドワーフバナナ」などの矮性種を入手しましょう。人の背丈くらいでも結実します。
切り札2 根詰まりさせない
最終的に、三尺バナナは12~15号、ドワーフバナナは10号以上の大鉢で栽培します。毎年植え替え、鉢増しをするか、株分けをして、根詰まりさせないように管理します。
切り札3 半日以上光に当てる
バナナは光が大好きです。光が不足すると花がつかず、収穫も望めません。1年を通して、半日以上光が当たる場所で管理しましょう。
切り札4 水と肥料を切らさない
バナナは、水と肥料で育てるといっても過言ではありません。特に、結実期の水切れは厳禁。成長期には、有機質の固形肥料もたっぷり施しましょう。
切り札5 冬は10℃以上を保つ
最低生育温度は0℃以上、観葉植物としてきれいな葉を楽しむなら8℃以上が理想。バナナは今までにつけた葉の合計が40~45枚になると花芽をつけます。早い収穫を目指すなら、冬も最低10℃以上を保って葉の生育を促すのが理想です。
※詳しい植えつけの手順、手入れ法はテキストで紹介しています。
■『NHK趣味の園芸』2019年6月号より

あわせて読みたい

気になるキーワード

NHKテキストビューの記事をもっと見る 2019年6月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「キッチン」のニュース

次に読みたい関連記事「キッチン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「インテリア」のニュース

次に読みたい関連記事「インテリア」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。