初参加の新人3人の結果は……? 第69回NHK杯 激闘の関東予選レポ

初参加の新人3人の結果は……? 第69回NHK杯 激闘の関東予選レポ
文・写真:岩田大介
■厳しい予選

第69回NHK杯テレビ将棋トーナメントの本戦出場を懸けた予選が1月から2月にかけて行われた。
シード32名を除く現役棋士が、関東12と関西6のブロックに分かれて本戦出場の切符を争う。テレビ対局の影響力は、今も昔も非常に大きい。本稿では、関東予選の決勝を中心に激闘をお伝えする。
今回、関東予選に初めて出場した新人は、長谷部浩平四段、本田奎四段、山本博志四段の3人。
本田と山本は1回戦で敗れた。2人が敗因に挙げたのは、対戦相手の強さに加えて、経験の少なさだった。
「予選の持ち時間は研究会で指すときと同じなので焦らないと思いましたが、30秒将棋になってからは、いつも以上に早く感じました」(本田)
「20分がこんなに短いとは。1日に3局もあると、どのように事前準備すればいいのかも分かりませんでした。今年に入ってから勉強量を増やしましたが、反省してもっと勉強します」(山本)
予選の持ち時間は各20分、それを使い切ると30秒将棋となる。本田も山本も秒読みに入った直後に疑問手を指し、形勢を損ねた。この経験を来期に生かしてもらいたい。

■長谷部が本戦へ

関東予選で唯一、本戦初出場を決めたのが長谷部だ。決勝で髙野智史四段を破った。
1図で▲3三歩が好判断。4五桂がよく働いているため、桂交換は先手の損にも思えるが、〈1〉△3三同桂は▲3四歩△4五桂▲同歩△同銀に▲4四桂で両取りが決まる。
 
実戦は〈2〉△4三金左▲2二歩△同銀▲3二角△3三桂に▲2一角成で長谷部がペースを握り、快勝した。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る 2019年6月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。