『アルプスの少女ハイジ』を書いたヨハンナ・シュピリとは

『アルプスの少女ハイジ』を書いたヨハンナ・シュピリとは
画/パウル・ハイ 出典/J・シュピーリ作、矢川澄子訳 『ハイジ』 福音館文庫
『アルプスの少女ハイジ』の作品世界をより深く知るために、作者であるヨハンナ・シュピリのことを押さえておきましょう。早稲田大学教授・ドイツ文学者の松永美穂(まつなが・みほ)さんが、シュピリの半生をひもときます。

* * *

1920年(大正9)に日本で最初に『ハイジ』を翻訳した野上弥生子は、その「序」で「作者マダム・スピリイに就(つ)いては、1891年にチュリッヒで亡くなった瑞西(スヰツツル)の婦人著作者であると云(い)ふ事と、「ハイヂ」の外(ほか)に(略)其他可(そのたか)なり沢山な物語(多く子供の為の)を遺(のこ)してゐると云ふ事と、その位(くらゐ)きり知りません」と書いています。1891年に亡くなったと書いてあるのですが、実はヨハンナ・シュピリは1901年まで生きていました。野上が底本にした英訳本の序文の記述が誤っていたのです。
1827年、ヨハンナはスイスの都市チューリヒの南東にあるヒルツェルという山間(やまあい)の村で生まれました。父のヨハン・ヤーコプ・ホイサーは、外科から精神科まで幅広い患者を引き受ける開業医で、母のマルガレータ(通称メタ)・ホイサーは、文学的才能に恵まれた、敬虔(けいけん)なプロテスタントの宗教詩人でした。
7人兄弟姉妹(一人は早逝)の4番目だったヨハンナは、祖母や親戚など多いときには13人くらいの大家族のなかで育ちました。そればかりか医者である父の仕事のため、病院を兼ねた自宅には精神疾患をふくめた入院患者もいた環境です。また、牧師の娘である母メタの書く詩は有名で、スイスの教会で賛美歌の歌詞にもなったそうです。忙しい母親の代わりに、メタの姉レグラ(レーゲリ伯母さん)が子どもたちの面倒を見ることが多かったというエピソードもあります。そのような少女時代の環境は、後年彼女が書いた『ハイジ』のような作品にも、少なからず影響を与えているのではないかと思います。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月17日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。