フライパンを温めないメリット、料理ビギナーさんほど便利さを実感

記事まとめ

  • 「フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、……」という“料理の常識”に「待った!」の声があがった。
  • フライパンを温めないメリットは生焼けなし、少量の油でヘルシー、洗い物が減ってエコ&時短だという。
  • 温めずに調理をスタートする場合のフライパンは、鉄製ではなく、樹脂加工がしてあるものを選ぶこと。

フライパンを温めないと、いいこといっぱい!

フライパンを温めないと、いいこといっぱい!
中まで火を通すのが難しいハンバーグもこのとおり! 撮影:福尾美雪
毎日の料理を少しでも簡単に、手早く、おいしく! 私たちのそんなささやかで切実な願いをかなえてくれるのが、“フライパンに材料を入れてから火にかける”という調理法。その魅力を、料理研究家の武蔵裕子(むさし・ゆうこ)さんに教えてもらいました。

* * *

「フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、……」というフレーズ、料理レシピでよく見かけますよね。でも、その“料理の常識”に「待った!」の声が!?
「フライパンを熱したが最後、“一気に調理を進めなければ”と、バタバタしがち。肉や魚が焦げついたり、火が通りすぎて堅くなったり、パサついたりといった失敗の原因にもなるんです。でも、フライパンが冷たい状態からスタートしてゆっくりと火を通せば、そういった失敗を防ぎ、焼く・煮る・揚げるといったさまざまな調理がうまくいくんです。この方法だと、従来のやり方でつくるよりも簡単においしくできるので、料理ビギナーさんほど便利さを実感できると思いますよ」(武蔵さん)

■フライパンを温めないメリット BEST3

1 生焼けなし!
ハンバーグなどの厚みのある肉を熱したフライパンで焼くと、表面は高温で一気に焼けて焦げてしまい、中は生焼け状態になりがち。冷たいフライパンに入れてから火にかけ、低温からじっくり火を通すことで、生焼けを防げます。
2 少量の油でヘルシー!
深さ1cmにも満たないごく少量の油をフライパンに広げ、素材を入れてから火にかける方法で、ヘルシーでおいしい揚げ物がつくれます。またハンバーグなどを焼くときの油も、高温で焦げる心配が少ない分、減らせます。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る 2019年7月4日のライフスタイル記事
「フライパンを温めないと、いいこといっぱい!」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    1cmの油を先にフライパンに満たして材料を入れて火にかけるの?油でべたべたにならない?

    8
  • 匿名さん 通報

    単純に下準備すればバタバタしないのでは? 具材によっては油を吸いすぎてヘルシーではないし、何より料理人の方研究家の方が今まで試行錯誤して出来た料理過程の根本を否定した記事。人に笑われます

    3
  • 匿名さん 通報

    「フライパンを熱したが最後、“一気に調理を進めなければ”と、バタバタしがち。」??? 火を止めれば? アクセルばっかりでブレーキを踏まない運転って危険だよ

    2
  • 匿名さん 通報

    メンタルの問題と、フライパンが熱くなりすぎる問題と、何もかもごちゃ混ぜにして論じている。こういう非論理的な人の料理は不味いだろうな。

    0
  • 匿名さん 通報

    少量の油でヘルシーとか言いながら常温の油の中にコロッケやトンカツを入れるのかい? 無知な初心者相手にいい商売だな

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。