タネと苗 ホームセンターや園芸店はどう管理しているの?

タネと苗 ホームセンターや園芸店はどう管理しているの?
たくさんの苗が並ぶ園芸専門店の店頭。メーカーの苗はカラフルなラベルつき。その会社への信頼や味のよさなどから、価格は高めでも人気がある。撮影;岡部留美
タネや苗は、どんな道をたどって私たちのもとへ届くのでしょう。小売店、種苗会社、そして苗作りやタネとりをしている農家へとさかのぼり、3号連続で話を聞きます。まずは、最も身近な小売店へ!

* * *

■売る品種は、見て味わって決める

ホームセンターや園芸店に並ぶ元気な苗。この苗には大きく二つの種類があることをご存じですか?
「一つは種苗会社が作っている苗です。このタイプの苗は、店頭に並ぶ前年には小売店側が選んでいるんですよ。例えば夏野菜の苗は、前年の4~8月には、『来年は、この品種を商品にしよう』と決めています。種苗会社ごとに開催される展示会へ出かけ、そこで新しい品種などを見せてもらって選ぶんです」。そう教えてくれたのは、全国でホームセンターを展開するDCMホールディングスの杉浦寿和さんです。
「当社では、実際に種苗会社の農場を訪れて、その品種が育っている様子を見学し、青果物もできるかぎり試食させてもらっています。味を確認しないと、自信をもってお客様におすすめすることができませんから。展示会や見学会の際には、数年後に世に出る新品種の情報も聞いてくるんですよ」(杉浦さん)

■契約農家に作ってもらう苗も

もう一つの苗は、ホームセンターや園芸店が、それぞれの契約している農家に作ってもらっているタイプです。1ポット100円以下で売られるものも多く、価格帯が低めのため「ボトム(底)苗」とも呼ばれます。野菜の種類や苗の数、入荷のスケジュールなども事前に決められ、計画的に生産されています。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。