悠久の歴史を感じさせるエジプト・アラブ共和国のおもてなし

悠久の歴史を感じさせるエジプト・アラブ共和国のおもてなし
天井が高く、ゴージャスな玄関。ドアの両脇に置かれたラムセスⅡ世の像とともにガダさんが迎えてくれた。エントランスゲートの外側には、日本で行われたエジプト関連の催しにまつわるオブジェが、いくつか置かれている。撮影:鍵岡龍門
クラシックな空間で、悠久の歴史を感じさせる料理と共にゲストをもてなすエジプト・アラブ共和国大使夫人のガダ・カーメルさん。ファラオの時代から伝わる食材を使った伝統料理をつくっていただきました。

* * *

紀元前から統一国家が存在し、文明が栄えていたエジプト。大使夫人、ガダさんのおもてなしには、この国の長い歴史と重厚な文化を感じさせるエッセンスがちりばめられています。まず印象的なのが、ダイニングルームのしつらい。色鮮やかに彩られたテーブルが、彼女のおもてなしの舞台です。
「今回はラマダンのテーブルセッティングを再現しました。独特なパターンのクロスやランタンは、ラマダンの期間に使われる、特別なものなんですよ」とガダさん。ラマダンは、イスラム暦で9番目の月のこと。エジプト人の多くを占めるイスラム教徒は、この時期、神の恵みに感謝して断食します。日の出から日没まで、食べ物はもちろん水も口にできないので、断食後の食事は大きな楽しみ。家族みんなで、栄養たっぷりの料理を囲みます。ガダさんがイメージしたのは、そんな、温かくて幸せに満ちたテーブルなのです。
そして、もちろん料理が大切なおもてなしの主役。
「今日は、典型的なエジプト料理をつくりました。豆はエジプトでよく使う食材。ファラオ(古代エジプト王)時代にはすでに食べられていたそうです。米なども、古くから食べられていたといわれます」
そら豆のコロッケ「ターメイヤ」をはじめ、数種類の豆に米やパスタなどを混ぜてトマトソースを添えた「コシャリ」、そら豆を煮た「フール」など、伝統の食材を使った料理の数々が、テーブルいっぱいに並びます。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。