西田哲学における善と宗教

西田哲学における善と宗教
西田幾多郎(にしだ・きたろう)の『善の研究』は四編からなりますが、批評家、東京工業大学教授の若松英輔(わかまつ・えいすけ)さんは、最後の第四編「宗教」から読み始めることを薦めています。西田がいう「宗教」への認識を深めるところから始めた方が、より実感をもって「善」を理解することができるからだと若松さんは考えているからです。

* * *

西田がいう「宗教」とは、宗派的宗教とは異なる、「大いなるはたらき」のことです。「善」とは何かを直接的に考えるよりも、彼がいう「宗教」への認識を深めるところから始めた方が、より実感をもって「善」を理解することができると思いますので、今回も逆の順番で見ていきましょう。
第四編の「宗教」でも第三編の「善」でも、鍵となる言葉は「自己」です。先に「宗教」は「大いなるはたらき」だと書きました。この「大いなる」ものを西田は、『善の研究』で「神」と書いています。もちろん、彼がいう「神」は、現代の私たちが想像する宗派的「神」ではありません。
西田は「神とは種々の考え方もあるであろうが、これを宇宙の根本と見ておくのが最も適当であろうと思う」(第四編宗教第二章宗教の本質)と書いています。
西田哲学における「宇宙」は、大気圏外の宇宙空間ではなく、内面世界を含むものです。「神」は内界と外界の双方の根本の「はたらき」だというのです。
「神」は人間を超えながら、同時に私たちの心に内在する。それが西田の「神」の理解です。「……神は我らを助け我らを保護するというのでは未だ真の宗教ではない、神は宇宙の根本であって兼ねて我らの根本でなければならぬ、我らが神に帰するのはその本に帰するのである」(同前)とも西田は書いています。遠く彼方に神を感じつつ、わが身の内に神を探せというのです。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。