木村一基九段が今強い理由

木村一基九段が今強い理由
左/木村一基九段、右/戸辺 誠七段 撮影:河井邦彦
第69回NHK杯1回戦第17局に登場したのは木村一基(きむら・かずき)九段と戸辺 誠(とべ・まこと)七段。山﨑和也さんの観戦記より、序盤の展開を紹介する。

* * *

■46歳木村の充実

「まじめに喋(しゃべ)ってもいいんですかね」
インタビュー前、ユーモラスな表現で現場に笑いを起こしたその姿はまるで落語家のようだった。ファンサービスを意識した軽妙な振る舞いは、時に棋士であることを忘れさせる。カメラが向けられると流暢(りゅうちょう)な語り口で抱負を述べた。
今、木村一基がよく勝っている。木村は今年46歳になった。40代後半というと、記憶力や集中力が低下し、一般的には成績が落ちてくる時期だ。大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人のような大棋士でも45歳を過ぎると衰えが表れ始めていたという。しかし木村は9年ぶりにA級復帰、3年ぶりに王位戦挑戦の結果を残したのだ。
インタビューでは「いつまで満足いく内容のものが指せるか分からないままです」と恐縮した様子だったが、最近の活躍に誰もが一目置いたはずである。なぜ木村は結果を残しているのか。木村をよく知る弟子の髙野智史四段はこう推測する。
「現代将棋は薄い玉形が流行しているが、師匠は昔から薄い玉形を好み指し続けてきた。今の時代に師匠の棋風がマッチしているのではないか」
堅さからバランスへ。つい10年ほど前は堅さ第一主義で、玉を固めるだけ固めて攻め倒すのが流行していた。居飛車対振り飛車の対抗形でいえば、穴熊を見ない日はないというほどだった。しかし近年、コンピューター将棋の影響などで、居飛車穴熊に対する対抗策が増えてきたのを機に、居飛車もすんなりと穴熊には組みづらくなった。相居飛車でも、隙あらば急戦という将棋が増え、玉を固め合う将棋は珍しくなっていった。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月21日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。