中村太地とは何者か

中村太地とは何者か
撮影:河井邦彦
平成の将棋界はどのように動いてきたのか。平成の将棋界をどうやって戦ってきたのか。勝負の記憶は棋士の数だけ刻み込まれてきた。連載「平成の勝負師たち」、2019年10月号には中村太地(なかむら・たいち)七段が登場する。

* * *

■彼とは何者か

読者の皆さんにとって、中村太地とはどのような棋士なのだろうか。
平成の終わりに王座のタイトルを得た実力者として、早稲田大学政治経済学部で執筆した論文が高く評価された知性派として、テレビ番組やイベントでスマートに振る舞う「東の王子」として。それぞれに思い浮かべる姿があるだろう。
本誌読者の方なら、巻末連載「向井葉月のしょうぎ大好き!」での平易な解説ぶりを印象に残したり、今年3月まで4年間務めた『将棋フォーカス』司会の卒業を惜しむ人もいたに違いない。

■中村太地とは何者か。

平成23年に棋士の取材をする立場になって以来、私が考え続け、解き明かそうとし続けてきたテーマのひとつでもある。なぜか。中村について考えることは「勝負師とは何か」を考える上で、極めて興味深い示唆を与えてくれる行為だからだ。
平成18年に弱冠17歳で棋士になった中村はデビュー後の14年間でタイトル戦を4度戦い、平成29年の第65期王座戦五番勝負では3勝1敗で羽生善治を破り、将棋界の頂点に立っている。平成23年度に記録した勝率8割5分1厘(40勝7敗)は昭和42年度に中原誠十六世名人が残した勝率8割5分5厘(47勝8敗)に次ぐ歴代2位の年度勝率記録である。

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月16日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。