失敗しにくいハクサイの育苗

失敗しにくいハクサイの育苗
撮影:栗林成城
       
暑さの厳しい時期は、室内でもできるハクサイの苗作りに挑戦してみましょう。タネまきから苗の完成までは3~4週間。暑さが一段落したところで畑に植えつけます。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんが栽培のポイントを教えてくれました。

* * *

■早生種を選ぶと失敗しにくい

タネまきから収穫までの栽培日数によって、極早生(ごくわせ)から晩生(おくて)まで品種が分かれています。初心者向きで育てやすいのは、短期間でできる極早生や早生品種です。追肥などの管理作業の手間が少なくてすむうえ、病害虫にかかるリスクも減らせるので、失敗しにくくなります。
害虫対策には防虫ネットが効果大!
ハクサイは害虫被害の多い野菜の一つです。防除を怠ると葉が虫食いだらけになり、生育にも影響するので、タネまき、植えつけと同時に防虫ネットをかぶせて予防します。収穫するまでかけておくか、被害の心配がなくなる収穫の1週間前に外します。

■高温乾燥期の水やりは、乾いたらたっぷり

育苗期は高温で乾きやすいので、管理に気を配ってください。発芽するまでは、土を乾かさないように水やりを。発芽後は、土が乾いたら底穴から流れ出るくらいたっぷりと水をやります。ポットは強い日ざしの下に置かず、涼しくて明るい日陰に置きます。ポットの下にすのこなどを敷くと、風通しがよくなります。
■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年8・9月号より
NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月12日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。